【洗車マニア厳選】おすすめポリッシャー紹介!ポリッシャーの基本的な情報を知ろう!

こちらの記事概要

こちらの記事ではポリッシャーの基本的な情報と各ポリッシャーのおすすめ機種を紹介しています。
洗車DIYにおいて最も難易度の高い車磨きですが、正しい研磨をするにはポリッシャーの特性を理解するのが非常に重要です。
そこで今回は
・シングル、ギア、ダブルの特性
・各ポリッシャーでどんなキズが入るか?
・DIYにおけるおすすめのポリッシャー
上記の3点をメインに紹介していきます。
これを読んで頂くことで自分がどのポリッシャーが必要なのか分かるようになります。

研磨をしているときは至福の時間
自分のサムネ

こんにちは研磨中毒者のテールウォーカー@tailwalker020です。

クルマのキレイ維持するには正しいメンテナンスをすることで塗装面がキレイであれば艶を表現できますし、キレイの維持ができます。

ただ蓄積する【洗車傷】や【劣化してしまった塗装】は研磨しないとキレイにすることが出来ません。

洗車傷と塗装のクスミ

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
どちらも塗装面がキズと塗装自身がくすんでしまい、本来の光沢を失っています。

流石にこの状態は嫌な人も多いと思います。

どうせだったらキレイな状態で乗りたいですし、ピカピカな方が気持ちも良い♪

手磨きだとキレイにすることは大変で難しく、仕上がりもイマイチ…

そこでクルマの艶を取り戻すために使いたいのが【ポリッシャー】です。

ポリッシャー

TW(テールウォーカー)としての考え方は、ポリッシャーを出すのは最後の手段と思っています。

クルマの塗装状態が自分にとって満足しているなら、酸性ケミカルなどケミカルを使った洗車で汚れを蓄積しないようにしてクルマのキレイを維持した方がTWは良い。

とは言っても光沢を失うほどのキズ、シミだらけのクルマをリカバリーするには【ポリッシャー】が必須。

プロの方であれば色々とポリッシャーを使い分けるのでしょうが、DIYの研磨においてはポリッシャーの選択を見誤ると後悔する結果になります…

ポリッシャーの種類は3種類に分かれていて

  • シングルアクションポリッシャー(初期研磨用 研磨力が大きい)
  • ギアアクションポリッシャー(初期研磨〜中仕上げ研磨)
  • ダブルアクション(仕上げ研磨に特化)

今回はポリッシャーの基本・特性を知ってもらい、自分にとって何が良いのか?

自分が用途に合うポリッシャーはなんなのか?と言うところで各ポリッシャーのおすすめ製品を紹介していきます♪

タップできる目次

ポリッシャーの特性一覧表

下記の一覧表はあくまで基本的な情報になります。

ポリッシャーの使い方が変われば結果は変わるので参考程度にしてください。

ポリッシャー 一覧 研磨レンジ 初期研磨 仕上げ研磨 DIY向き度 備考
シングルアクション 初期研磨 × ×
(DIYでは推奨しません)
DIYにおいては非推奨
ギアアクション 初期研磨〜仕上げ研磨
(中間仕上げ)

(誰が使ってもそれなりに磨ける)
ポリッシャーの感覚を養いたいと思うのであれば使ってみると良い
ダブルアクション 仕上げ研磨
(条件付きで○)

(最も安全に使えるポリッシャー)
DIYの基本で研磨の基本がダブル研磨
最初に買うポリッシャーはダブルがおすすめ

研磨レンジ一覧 磨き傷 比較

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
上記の磨き傷の比較は極端につけた例になります。

シングルアクションポリッシャーは初期研磨や肌を変える研磨に有効

シングルアクションポリッシャーの動き

最初はシングルアクションポリッシャーです。

シングルポリッシャーの動きはシンプルな円運動をします。

実際に研磨してみると…

シングル 磨き

シングル 磨き目

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
凄まじい磨き傷…笑

向かって左側はコンパウンドをつけて研磨しているのですが、右側はコンパウンドをつけないで研磨しています。なので右側は左側と比べると白くありませんね。

このパネルはトヨタの202セルフリストアリングコートのテストパネルで、新車のパネルを頂くことができたので研磨しましたが、塗装がまだ安定していないので非常に繊細な状態。

物凄い磨き傷が入ります…

ちなみに接写してみました♪

シングル 磨き目 接写

上手く撮れてない 笑

左側を参考にして下さい。

磨き傷で真っ白になっているのが分かると思います。

昔はバフを変えることで、仕上げまで対応していましたが、塗装も繊細になってきているのでシングルポリッシャーだと主張が強すぎることも…

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
シングルで完璧に仕上げると言う人もいますが、正直現実的ではないです…仕上げに向いているダブルアクションポリッシャーを使うのが無難。

 

シングルは初期研磨や塗装の肌を変える(塗装のがボコボコになっているのをフラットに修正する)のに重宝します。

板金塗装屋さんでは必須のポリッシャーですね。

コーティング業界で使用する人は減ってきている傾向かな?(最近はシングルが改めて見直されています

今でも使っている人は塗装が硬い輸入車や板金塗装の時に使ったり、メーカーの塗装はユズ肌なので肌を変える磨きをして凸凹を鏡面に変える研磨をします。

イメージ的にはみかんの皮(ボコボコ)が研摩によってピンポン球みたいにツルツルにすることで、塗装の映り込みを良くする。(オレンジ色つながりで例えをコレにしました 笑)

艶が格段に上がって見た目は良くなるのですが、ハードに研磨する為、塗装の膜厚も大きく下げ、塗装強度もキズが入りやすく、シミになりやすい塗装を作り出してしまうことも…

  • 基本的には初期研磨にて使用
  • 仕上げ研磨は不向き(濃色は仕上がらない可能性が高い)
  • 素人にはおすすめしない。失敗する確率が格段に上がる
  • 車磨きにおいては、特にこだわりがなければ使う必要もない

おすすめシングルポリッシャー

信用信頼のRYOBI PE-1400

PE1400

PE1400の特徴
  • 回転域での使用を重視した低速タイプ
  • 負荷をかけても回転が落ちないフィードバック回路搭載
  • 無段変速
  • 屈曲しにくい高耐久コードホルダ採用
  • 地面の接地に強いプロテクター付

RYOBIのPE-1400は従来のポリッシャーよりもかなり軽めなので女性でも簡単に扱う事が可能。

スピード調整も付いているので、塗装にあった回転数で磨ける。

また右利き・左利きの方でも使えるように左右どちらにもハンドルを装着できます。耐久性も良く、日本製なのでアフターパーツも安心。

やはりRYOBIのポリッシャーは外せないと思います。

国産のポリッシャーに関しては文句なしでRYOBIですよね。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
PE-1400は改造パーツが豊富なので自分の好みの製品を作れるのはGOOD

ハイパワーモデル RYOBI PE-2100

PE2100

PE-2100の特徴
  • キレが違う、硬い塗装の磨きに最適
  • コンパウンドの性能を最大に引き出す
  • 負荷をかけても回転が落ちないフィードバック回路搭載
  • 無段変速

PE-2100』はPE−1400を更にハイパワー化したような感じですね。

ハイパワータイプが好きな人にはおすすめ

超低速でも高トルク!FLEX(フレックス) PE14-2 150

FLEX PE-14-2

FLEX PE14-2の特徴
  • FLEXはドイツの高級ポリッシャーメーカー
  • 超低速でも高トルクで磨けることで『磨きの効率UP』『磨き熱によるリスクの軽減』
  • シングルの効率化こだわったポリッシャー
  • 回転調整できて、トリガーの握り方でも回転数を調整できる
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
TWがシングルを使うときはこれがメイン

TWの中では正直ポリッシャーはシングルはいらないかな〜と思っていたりもしたが、このシングルを使ってからはシングルも悪くないと思ったポリッシャー。

シングルでしっかり研磨するために高速回転で回す人もいますが、ロー回転でもしっかり磨けるほど高トルクなのでシングルの塗装熱が高くなりにくく安全に研磨することが出来ます。

シングルのデメリットを消しながらメリットが伸びている製品ですね♪

詳しくは『FLEX(フレックス) PE14ー2 150』超低速でも高トルク!シングルポリッシャーをメインで使う方にオススメをご覧ください。

あわせて読みたい
『FLEX(フレックス) PE14ー2 150』超低速でも高トルク!シングルポリッシャーをメインで使う方にオススメ
『FLEX(フレックス) PE14ー2 150』超低速でも高トルク!シングルポリッシャーをメインで使う方にオススメ 今回はドイツの研磨メーカーとして有名なメーカーであるドイツ『FLEX(フレックス)』のシングルポリッシャー『PE14−2 150』のレビュー記事になります。 こ...

ギアアクションポリッシャー 初期研磨から仕上げ研磨まで

ギアアクションポリッシャーの動き

ギザギザに動き、星型の様にポリッシャーが動くのが特徴。

ギザギザに動くことで磨きキズを散らし乱反射を防ぎます。シングルのトルクを持ちながら仕上げ研摩まで可能にしているポリッシャーですね。

販売当時は画期的な製品で職人の皆さんがこぞって買った製品。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
今でも愛用している方は多いですね。

 

実際に『ギアアクションポリッシャー』で磨くとこんな感じ

ギアアクション 研摩

ギアアクションの磨き目

 

『シングルアクション』みたくギラギラしてないのが分かるでしょうか?

『ギアアクション』では磨き目がギラギラしないので、塗装カラーによってはワンポリッシュで十分なほどキレイになることもにあります。

洗車傷が元々酷い車両でやると、磨き目が残っていても洗車傷が消しきれてなかったのかな?ぐらいに感じると思います。

磨き傷を接写してみました。

ギア 磨き目 接写

シングルよりは磨き目が白くないですね♪

シングルとギアはモーターとバフをつけるパッド部分が直結している為、トルクが大きいのですが、ギア特有の動きが加わるだけで磨き目が全然違います。

キズを消すということに置いてはシングルとそんなに差がない(TW主観)

TWもギアを使うのですが、基本的にはダブルで対応できないorダブルでは時間がかかり過ぎる時にワンポイントで使用している感じ。

失敗をしたくないならダブルがおすすめですがギアであれば1個用意しとけば、それなりには磨けるので、研摩にチャレンジするなら『ギアアクション』での購入もありだと思います。

  • それなりに初期研摩、仕上げ研摩に対応できる
  • ギア1本あれば、とりあえず磨ける
  • 研磨力としてはシングルとそんなに差がない(TW主観)
  • シングル買うならギアを優先した方がおすすめ

おすすめギアアクションポリッシャー

ギアで主流のポリッシャー コンパクトツール G-150N

ギアアクション

G150-Nの特徴
  • 低重心・軽量・コンパクト
  • 使用感を追求した『グッドバランス設計』
  • バフ目・オーロラマークが出にくい
  • 研磨熱の発生を抑え、コンパウンドの焼きつきを防ぐ

日本国内でギアを使っているほとんどの人がコンパクトツールの『G-150N』を使用していると思います。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
TWもそうですし、初めて自分で買ったポリッシャーでもあります。

『G-150N』は回転数調整こそできないものの、非常に軽く気持ちよく回ってくれる製品ですね♪

個人的にはギアでは『使いやすい部類』に入ります。

詳しくは⇨プロの使用率が高いコンパクトツールのギアアクションポリッシャー『G-150N』をご覧ください。

あわせて読みたい
プロの使用率が高いコンパクトツールのギアアクションポリッシャー『G-150N』
プロの使用率が高いコンパクトツールのギアアクションポリッシャー『G-150N』今回はコンパクトツールのギアアクションポリッシャーの『G-150N』を紹介します。一般的にポリッシャーは研磨力が高いシングルアクションポリッシャー、初期研磨もでき...

回転数調整可能なRYOBI ギアアクション PEG-130

RYOBI ギアアクション

PEG-130の特徴
  • リョービ独自のギヤアクション機構 車の磨き傷やオーロラマークを出さないパッド軌跡
  • 負荷をかけても回転が落ちないムラのない仕上がりに
  • 偏芯量が大きいので作業スピードが速くなる
  • 変速ダイヤル付で適切な回転数を設定できる
  • 本体を守る、堅牢なダイカスト製プロテクター
  • 操作性の良いロングタイプ補助ハンドル

コンパクトツールも使い安くて良いのですが、RYOBIの『PEG-130』も良いです。

ポリッシャーとしては重いのですが、回転数が調整できるのは非常に大事な要素。

特に癖もなく使いやすい印象を受けています。

ダブルアクションポリッシャー仕上げ研磨に特化 業界主流

ダブルアクションポリッシャーの動きは上下に振動しながら細かい円運動をして回っています。

上記のような動きで回っているのですが、円運動の動きのことをオービット(振れ幅)と言います。オービットが大きくなると研磨力が高くなります。

低オービットの動き 大オービットの動き

ダブルの中でも低オービットは仕上げ向きで、高オービットはキズを消すスピードが速くなり初期研磨向きです。

どちらでも初期研磨から仕上げ研磨までバッチリ対応できるので塗装に合わせて変えるか、好みで使い分けると良いです♪

研磨時のイメージとしてはコンパウンドと研ぐように磨くのではく、すり潰すように研磨しておりコンパウンドを効率よく使うことが可能。

『ダブルアクションポリッシャー』はコーティング業界の中でも、現在では主流のポリッシャーですね。。

以前は仕上げ研磨には使えるが、初期研磨には全く使えないと言う感じでしたが【ポリッシャー】【バフ】【コンパウンド】が進化することで最初から最後まで高レベルの研磨をすることが出来ました。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
ポリッシャーをカスタムすることで研磨力を上げる方法もあります♪

実際に磨いてみました。

ダブルでの研磨

ダブル 磨き目

シングルよりもギアよりもだいぶ仕上がっています。画像だと分かりにくいですが塗装が曇った様な磨きキズが入ります。

しかしウールバフ(初期研磨用)での磨きで、かなり良い状況まで磨けてます。

塗装によっては初期研磨だけでも仕上がって見えます。

ダブルでの研磨は浅いキズを大量につけてキズを消し、浅いキズなので仕上げ研磨のハードルを出来るだけ下げることが可能。

だからと言って使うコンパウンドやバフを間違えると深いキズを入れてしまう事もあるのでダブルだから安心とは言えないので注意

ダブルでの研磨だとポリッシャーを立てて使うと、効率が悪くなる為、狭い場所に応じてポリッシャーサイズが違うのを使い分けないといけません

特にバフは薄いのを推奨します。バフの組み合わせを間違えるだけで研磨力を引き出せないばかりか、余計なキズを入れてしまうのでそこは注意ですね。

  • 初心者でも割と安心して使える
  • クオリティを求めるなら、ダブルでの研磨一択
  • ポリッシャーに合わせるコンパウンド、バフの選択を誤ると良い結果が出ない(特にバフ)
  • 初期研磨だけでも仕上がって見える様な塗装もある
  • サイズ違いのポリッシャーの使い分けが必要

 

おすすめダブルアクションポリッシャー

初心者からプロまでおすすめ!RYOBI RSE-1250

ポリッシャー

RSE-1250の特徴
  • DIY使用にぴったり
  • 改造する前は使いにくい
  • 簡単な改造でかなり使えるポリッシャーになる
  • 低オービット(パワーが少ないイメージ)
  • 初期研磨もできるけど、仕上げレベルが特化しているポリッシャー
  • 操作性はめっちゃ高い

TWが最もメインで使っているポリッシャーです。

使うコンパウンド・バフ次第ですが普通に研磨できて価格も安く、製品も全国で購入できるという手に入れやすさ。

下手なポリッシャーを買うぐらいなら、これを買うのが一番間違いないです♪

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
そのあとハイパワーポリッシャーを使うのを選択したとしても、仕上げ用ポリッシャーとして選択肢の一つになるので買っておいて損はないですよ
あわせて読みたい
車のDIYをしたい初心者におすすめ!RYOBI(リョービ)  RSE-1250 改造方法も記載あり
車のDIYをしたい初心者におすすめ!RYOBI(リョービ) RSE-1250 改造方法も記載あり 今回はDIYポリッシャーの代表である『RSE-1250』の記事になります 研磨マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。 やはりクルマをキレイにすること...
あわせて読みたい
RYOBI(リョービ)RSE-1250を改造して研磨効率UP!名機に変身させよう!
RYOBI(リョービ)RSE-1250を改造して研磨効率UP!名機に変身させよう!今回はRYOBI(リョービ)ランダムアクションサンダーのRSE-1250を改造ポイントを紹介していきます^^RYOBIの『RSE-1250』はノーマルだと正直使えないポリッシャーの一つ...

RSE-1250の色違い PED-130 コードの長さが違うだけ

PED-130

RSE-1250と配線の長さが違うだけですね。

RSE-1250はコードの長さが2mの長さなので正直短い…

PED-130は5mの長さがあるので快適な作業が可能。

もちろんコードを改造することで配線の長さを変えるなら、RSE-1250でもOKです.

配線加工が苦手な方にオススメ。

2020年5月現在では本体のみの購入ができないので、価格は高め…

その代わり磨き用のバフやポリッシャーをしまうためのバッグが付いてきますよ♪

ハイパワーポリッシャー RUPES(ルペス)LHR12E

ルペスLHR75E

ルペス LHR12Eの特徴
  • イタリア製品でオシャレな見た目
  • ダブルアクションでハイパワータイプのポリッシャー
  • プロが現在最も使っているポリッシャー
  • カスタム部品もあるので性能を上げることが可能
  • ルペスはハイパワータイプのポリッシャーラインナップが充実

ルペスはとにかく研磨が早く、仕上がりも良いです。

見た目もプロっぽいしデザインも素敵です。

ルペスはとにかく見た目が好き!っていう人も多いですね。

初期研磨から仕上げ研磨までバッチリ対応できます。

日本で最もプロが使っているダブルアクションポリッシャーでもあります。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
磨けるダブルアクションといえばやはり『RUPES』が有名ですね

詳しくはルペスのレビュー記事にどうぞ。

あわせて読みたい
プロ御用達!『RUPES(ルペス)LHR12E』ハイクオリティーハイスタンダードポリッシャー
プロ御用達!『RUPES(ルペス)LHR12E』ハイクオリティーハイスタンダードポリッシャー2018年現在、コーティング業界で主流のポリッシャーといえばイタリアメーカーである『RUPES(ルペス)』見た目はこんな感じ!上記の写真はオービット15mmのルペス ...

よくある質問

[qa-box01 title=”シングルアクションを使えるようになった方が良い?”]

DIYにおいては必要ないと考えます。

  • 塗装肌を変える研磨をしたい。
  • 時間の短縮を測りたい。
  • 磨きを極め尽くしたい。

上記のような人には向いていると思います。

もしあなたがプロになりたいのなら覚えて損はないと思います。

技術として必要というよりは、引き出しとして持っておいた方がいいという印象ですね。

[/qa-box01]

[qa-box01 title=”コンパウンドは何を使えばいいの?”]

洗車ウォーカーでは3Mのコンパウンドを推奨しています。

3Mのコンパウンドは【手に入れやすい】【使いやすい】【失敗しにくい】の3要素があるbetterな製品だと思います。

特にDIYユーザーにおいては3Mのハード2(仕上げ用コンパウンド)のみでの研磨が一番リスクがないと考えております。

どのコンパウンドが良いか分からないという方は【初めて使うならコレっ!】3Mのコンパウンドは大事な3要素が詰まっている。DIY推奨品をご覧ください。

[/qa-box01]

[qa-box01 title=”バフの選び方は?”]

シングルやギアに関しては従来からあるバフを使えばいいと思いますが、ダブルに関しては薄めのバフを推奨します。

ダブルアクションポリッシャーはトルクが比較的弱い傾向にあるので、薄めのバフを使うか使わないかでは作業性が全然違います。

詳しくは【バフの基本】ダブルアクションを使う時のバフのポイント紹介とAmazonなどで買えるおすすめバフをご覧ください。

[/qa-box01]

ポリッシャーを使うならダブルかギアがおすすめ!

TWとしてはダブルがおすすめですが、ギアを最初に買ってポリッシャーの感覚を知るのもアリですね。

シングル・ギアとダブルの磨きのポイントは全然違うので、どちらも慣れた方が引き出しが増えます。

全てダブルで研磨している施工店も多いので、今からポリッシャーを買う人はダブル一択でもいいかもしれませんね。

そのあと、余裕があればギアやシングルを買って色々試してみると面白いと思います。

ぜひ参考にしてみてください♪

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

あわせて読みたい
コーティングやワックスを使う前に粘土を使った洗車でボディをツルツルに!使い方のポイント
コーティングやワックスを使う前に粘土を使った洗車でボディをツルツルに!使い方のポイント今回はコーティングや車磨きの前の下処理に必須な粘土による『キズの入り方』『使うタイミング』『使い方』を紹介していきます。大手メーカーでもコーティングの下処理...
あわせて読みたい
ポイントを抑えれば難しくない車磨き!車磨きするときの流れ、やり方
ポイントを抑えれば難しくない車磨き!車磨きするときの流れ、やり方匠の技、職人の技と言われる車磨き。難しいなどと言われることも多いですが、個人的にはそんなに難しいと思ったことはありません。塗装状態によっては非常に難しいです...

https://sensya-walker.com/ryobi-rse1250/

https://sensya-walker.com/sensya-present/

あわせて読みたい
道具よりも使い方が大事!スポンジ・マイクロファイバークロス・ムートンの洗車傷比較実験
道具よりも使い方が大事!スポンジ・マイクロファイバークロス・ムートンの洗車傷比較実験今回は洗車時に使う『ムートン』『スポンジ』『マイクロファイバークロス』での洗車傷比較実験をした記事になります。 ここ2019年現在では、洗車時に『マイクロフ...
よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる