【脱脂と油脂汚れ除去の違い】違いは対象に対するアタックの違い

アイキャッチ
記事概要

こちらの記事では【脱脂】と【油脂汚れ】の違いについて説明しています。

脱脂と油脂汚れは洗車を覚えようと思った際に、疑問を持つことが多く、当サイトにもよく頂く質問になっております。

洗車において脱脂と油脂汚れの除去は汚れに対してのアプローチの違いであると考えています。

全てに対しての抜群の効果を発揮するケミカルはありません。

その辺も一緒に説明している記事になっています。

シンプルに考えよう!

こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

【脱脂】【油脂汚れ除去】の違いって説明できますか?

ユーザー

油脂汚れを除去すれば自然と脱脂できるんじゃないの?

テールウォーカー

間違ってはいないけど、除去したいものに対してどうアタックするか?の違いって感じかな〜
そして言葉あそびの要素が強い

ユーザー

ふ〜ん。
じゃあメンテナンスクリーナー系のケミカルで油脂汚れ除去するとキレイにはなるけど、スベスベになるじゃん?
これって脱脂ではないよね?

テールウォーカー

そうだね。厳密に言うと脱脂ではないね。
ただ脱脂効果はゼロじゃないと思っているよ。
考え方としては脱脂は【余計な油分の除去】。油脂汚れ除去は【汚れの除去】かな

ユーザー

う〜ん。よく分からない。結局どうすればいいの?

テールウォーカー

個人的な見解で言うと、普段の脱脂においては【中性シャンプー】【メンテナンスクリーナー系ケミカル】があれば十分だと思ってる。
一緒に洗車における脱脂の考え方も説明していきます。

クルマのキレイに対する考え方は様々です。

私は普段のメンテナンスにおいて強力な脱脂は、非推奨派です。脱脂を強烈に行いたい人にとっては参考にならない、出来るだけ脱脂したくない人にとっては参考になると思います。

タップできる目次
この記事の著者
テールウォーカー

カーディティラー&洗車メディア
テールウォーカー
tailwalker

脱脂と油脂汚れ除去の違い

まず大前提として【脱脂と油脂汚れの違い】【汚れを落とすときの方法】を簡単に説明します。

【脱脂】【油脂汚れ除去】の違いを簡単に説明するとこんな感じ。

脱脂
油脂汚れ除去
  • 対象物から余剰な【油分】を取り除くこと
  • 研磨後だったり、コーティングなどを施工する前におこなうことが多い
  • 対象物から【油汚れ】を除去すること
  • 洗車時に通常の洗車では除去できないときに使用することが多い

基本的な汚れの落とし方としては

汚れを落とすときの落ち方
  1. 物理的に擦って落とす(パワープレイ)
  2. 同じような成分を馴染ませて落とす
  3. 界面活性剤を使用して落とす(シャンプー洗車)
  4. 中和させる(アルカリ性の汚れに対して酸性のケミカルを使う)
  5. 溶剤系にて溶かす(シリコンオフなど)
テールウォーカー

ここまでを大前提とします。

【脱脂】は対象物を溶かすようなイメージ

私は脱脂の観点から言うと、あくまで余分な油分を除去すると言うこと。

脱脂に関しては食器洗いがイメージつきやすいかな。

水洗いだけではヌルヌルするのを洗剤やお湯を使うことで、『キュッキュ』と音が鳴るようになっていますよね。

これが脱脂だと思っています。

なので洗車の場面で言うと脱脂に当たる場面は下記になります。

洗車における脱脂シーン

水洗い

シャンプー洗車(中性)

アルカリ性クリーナーを使った洗車

シリコンオフなどの溶剤を使用する場面

クルマにおける油分って食事における油分と比べれば対して、強くないんですよね。(コーティング剤は別)

今まで通常の使用においてクルマが物理的にヌルヌルしていることってありますか?自分は『ヌルヌルしてもうダメだ!』と感じたことはありません(トラブル除く)

アルカリ性を使う場合は当然油分に対して攻撃性を持っているので、より油汚れを除去しやすい方向です。

またシリコンオフにおいては溶剤の特性をバッチリ持っているので油分をダイレクトに溶かす方向性があります(ピッチ・タールなどは溶剤を使わないと除去に時間がかかる)

ただ注意点として

アルカリ性、シリコンオフなどの溶剤は塗装に対しても攻撃性が高いので、塗装に対して白ボケやキズを誘発するリスクがあります。淡色車では気にならないかもしれませんが、濃色車では注意が必要。

【油脂汚れ】は油を馴染ませて除去するような感じ

油脂汚れイメージは油性ペンをイメージしてみてください。

油性ペンって一回書くと消せなかったりしますよね。

そうすると【削る・溶かす】なんて方法もありますが、油性ペンで同じところを書いて、すぐ擦ると消えることがあります。

油性ペンでボトルに数字を書く
油性ペンで数字を書いた
数値で1を書いた
なぞって消す
これを何回もなぞると最初に書いた数値がインクに馴染んで浮いてくる
擦るときえる
擦ると最初に書いていたものはなくなっている

インクが伸びてしまっていますが、最初に書いていたものは消えています。

これが馴染ませて除去すると言うことです。

メンテナンスクリーナーと呼ばれるケミカルはこのような作用が特徴的とも言えます。

製品で言うと、【OCメンテナンスクリーナー】【PMライト】【イメンス】【チェリーグレーズ】などが有名ですね。

脱脂と油脂汚れ除去を実際に使ってみる

まず脱脂をするなら、汚れって落ちるでしょ?って思いますよね?

テールウォーカー

大前提として、軽度の汚れならどれでも落ちますが、固着汚れになってくるほど有効的なケミカルのチョイスは変わります。

と言うことで手元にあるテストパネルで実験してみました(良い実験パネルがなかったので、良い状態の汚れを入手できたら更新します)

洗浄するパネルは樹脂ボディ。

使うクリーナーは3種類

  • アルカリ系洗剤⇨塗装に対して攻撃性があるが、スピーディーに大まかな汚れを落とせるのが特徴。ホイールやタイヤ、細部洗浄などによく使われる
  • シリコンオフ ⇨溶剤脱脂にて塗装をする前に確実に脱脂をおこなう。塗装に対して攻撃性があり、塗装を溶かしたり、キズを誘発するリスクあり
  • メンテナンスクリーナー⇨油脂汚れを馴染ませて除去するのが特徴。塗装に対して攻撃性が低い

この3種類を使って検証していきます。

洗浄する樹脂パネル
洗浄するパネル、汚れがそんなにないので分かりやすい結果にはなっていません
使うケミカルは3種類
使うクリーナーはメンテナンスクリーナー、シリコンオフ 、アルカリ性洗剤
テストする前にシャンプー洗車
テストする前に中性シャンプーにて大まかな汚れを落とす
テストするために区切る
あまり汚れが残っていない
アルカリ系洗剤
最初はアルカリ系洗剤
アルカリ系洗剤で汚れを落とす
汚れ除去中
アルカリ系洗剤で落ちた汚れ
汚れは除去できている
シリコンオフ
シリコンオフで洗浄
シリコンオフで汚れ除去
シリコンオフで除去中
シリコンオフで汚れ除去後
除去後あまり汚れは取れていない
メンテナンスクリーナーで汚れ除去
メンテナンスクリーナーで除去
メンテナンスクリーナーで汚れ除去
除去中
メンテナンスクリーナーで除去
少し黒い汚れが取れている
除去比較
左からアルカリ洗剤、シリコンオフ 、メンテナンスクリーナーの使用後

ここで注目して欲しいのが【黒い汚れ】です。

アルカリ系洗剤は一見かなり汚れが取れているように見えますが、大きな汚れをたまたま拾っただけで、それがキレイに洗浄できるように見えると思いますが、いわゆるメンテナンスクリーナーみたいな汚れは除去されていません。

塗装面にはスケールと油脂汚れが複合的な汚れになって付着しているため、このテストパネルにおいてだと【メンテナンスクリーナー】が良い結果であったと言うだけです。

分かりやすいイメージの画像だとこんな感じ(違う画像ですが似たような結果にはなります)

左から順に有効的なケミカルを使った場合

汚れの比較画像
左から順に有効的なケミカルを使った状態
テールウォーカー

今回の例で言えば、左から【メンテナンスクリーナー】【アルカリ性シャンプー(濃度で結果が変わる場合あり)】【シリコンオフ】と言った感じかな。

【ピッチタール】に関して言えば、また全然別の結果になります。

ピッチ・タール付着
ピッチタールが付着している状態

軽度のピッチタールであれば、アルカリ性クリーナーやメンテナンスクリーナーで除去できますが、ガッツリ乾燥し、固着したピッチタールはシリコンオフやピッチタール除去剤のようなガッツリ溶剤が入っているようタイプでないと除去に恐ろしいぐらい時間がかかります。

ピッチ・タールが溶けている
溶剤で溶かして除去しているシーン

シリコンオフなどの溶剤を使う時はどうしても塗装にダメージを入れるリスクがありますので白ボケしたり、キズが入ってしまったと感じる時がありますので基本的にはあまり推奨しません。

とは言っても、汚れをキレイにしたいと言う観点からケースバイケースですし、基本的にパネルの下部にしかつかないため白ボケしても気にならないことも多いので除去してしまっても良いとは思います。

テールウォーカー

DIYにおいては、最後にコーティング系に特化したメンテナンスクリーナーで少し磨いてあげれば十分かな。

アルカリ性洗浄剤は【タイヤ】【無塗装樹脂】【モールなどの隙間にいるこってりした汚れ】に大活躍しますよね。

アルカリ性タイヤ
タイヤが汚れている状態
アルカリ洗浄剤で洗浄中
アルカリ性シャンプーを吹きかけた状態
洗浄後
タイヤ洗浄後

タイヤとか無塗装樹脂にメンテナンスクリーナー、シリコンオフでキレイにするのは実際難しいし、場合によってはダメージを入れるリスクもあります。

油脂汚れと脱脂は場面、対象物で効果が変わるので、どれが良いとかではなく、どう使うかが大事です。

  • 対象物に対してダメージを入れるリスクはあるのかを考える
  • 対象物に対してどのように効果があるのかを考える
  • 同じ油分を落とすようなケミカルでも効果は異なる
テールウォーカー

脱脂が効果的なのか?馴染ませて落とすのが効果的なのか?などなど色々考えながらやるのが大事

脱脂はどこまで必要?

私は脱脂に関しては基本的に洗浄に特化したメンテナンスクリーナー使用後に中性シャンプー洗車まで行えば十分だと思っています。

簡単に言うとメンテナンスクリーナーの余剰分が除去されれば問題ないと考えます。

理由として

  • メンテナンスクリーナー拭き取り後にそのまま施工しても結果は大きく変わらないこと
  • メンテナンスクリーナー後にシャンプーを使って洗車すれば、ほとんど余計な油分が取れていること
  • それ以上の脱脂を求めると、塗装にダメージを入れるリスクがあること
テールウォーカー

使っているメンテナンスクリーナーのタイプにもよるけど、これで十分かな。

冒頭で触れた油脂汚れ除去が『一概に脱脂できていないとは言えない』の理由としては、コーティングなどの定着に関しては【油分】よりも【汚れ】を除去することの方が大事です。

当然油脂汚れを除去せずに脱脂すれば、汚れが落ちないことは普通にありますし、結果的に脱脂している意味もなくなります。

なので、メンテナンスクリーナーで【油脂汚れ=質の悪い汚れ】を除去すると悪い油は脱脂できているとも言えます。

テールウォーカー

まあ完全に言葉遊びなんですが、でもその言葉に翻弄されている人はかなり多いですね。自分も当時は翻弄されていました 笑

それでは実際に動画で私が脱脂できている状態と認識している動画をご覧ください。

内容としては撥水しているものを除去した後に余計な油分を除去した動画になっています。

YouTube
クリーナーからの脱脂
テールウォーカー

あくまで参考程度にして欲しいですが、考え方は人それぞれ。私は余計な油分がなければ問題ないと思っていますが、少しでも塗装面をスッピンにしたいケースもあると思いますので考え方は人それぞれですね。

自分はあまり感じたことはありませんが、使うメンテナンスクリーナーとコート剤によっては相性が悪いと言われるものもあるようですね。

ただ下地にメンテナンスクリーナーがいることでコート剤が定着しやすくなる場合もあるので、そこはケースバイケース(別にいくらでもやり直しできるシーンなので好みにあわせて使いましょう)

成分での決めつけは不毛

それと同時にメンテナンスクリーナー系のケミカルは製品によって、洗浄作用が強いものからコーティング剤に特化しているものなど色々あります。

よくあるのが『洗浄の方に特化している〇〇を使いましたが、これにはコーティング効果はないのでしょうか?』と質問を頂きます。

結果から言えば、ある程度はあります。

逆に洗浄効果はありませんと書いているコーティングに特化した製品もありますが、汚れはある程度落ちます。

成分を入れていないのと、汚れが落ちない・コーティング剤効果があるはまた別の話です。

多少なりとも油分等があれば、ボディに定着する傾向ですし、汚れと馴染んで、ある程度は汚れを除去できます。

その特性をどっちに振っているか?でしかありません。

テールウォーカー

まあこれをどう感じるかは各々の考え方でかなり違いますね。

まとめ 除去したいものに対して使うものをチョイスしよう

脱脂=油汚れを落とす&余計な油分を落とすって感じかな
まとめ
  • 脱脂は【余剰成分】の除去
  • 脱脂は溶かすようなイメージ
  • 油脂汚れは【油汚れ】の除去
  • 油脂汚れは油を馴染ませて除去
  • どのケミカルが有効なのかはケースバイケース
  • 塗装面に汚れがない場合の脱脂は中性シャンプーで十分
  • 成分と効果は決して【=】ではない

基本的に脱脂はと油分汚れ除去のイメージに関しては皿洗いが一番イメージがつきやすいと思います。

脱脂というのは作業者の考え方によって全然違うので一概にこれが合っているとは言い切れないことも多いですが、私の解釈としては『余計な油分を除去する』『わざわざ塗装のダメージを入れるリスクを背負う必要はない』ということです。

せっかく仕上げたものに対して、攻撃性のあるケミカルで脱脂をおこなうのはナンセンスだと思っています。

この辺は難しく考えすぎずに【対象物から汚れを除去する】ということをメインに考えると、シンプルで分かりやすいのではないか?と私は考えます。

楽しい洗車ライフを過ごしましょう。

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる