ディテイリングツール

『デラックス フラッフィー』洗車を素早く終わらすクロス オートブライトダイレクト

拭き取り後

 

今回はオートブライトダイレクトの大判クロスのレビュー記事になります。

 

こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

 

結構好みの分かれる大判クロス(かなり大きなサイズのクロス)

洗車の水分拭き取りがめちゃくちゃ早く拭き取れるため時間の短縮に繋がります。

 

ただ人によっては絞るのが大変だから使わないっていう人もいれば、キズが入りそうだから使わないって人も多い。

実際にTW(テールウォーカー)も最初は一緒だったので、よく分かります^^

テールウォーカー
テールウォーカー
使い慣れると『大判クロス』なしでは考えられなくなりますよ

 

それで今回紹介するのがイギリスの老舗メーカーである『Autobrite Direct(オートブライトダイレクト)』社の『デラックス フラッフィー ドライングタオル

 

AD ドライジングタオル

 

デラックス フラッフィー』はこのマイクロファイバークロスの中では吸水力を持たせたクロスで、先ほども言ったようにクロスで素早く拭き取るための製品です。

うまく使いこなすと他のクロスが使えなくなるほどの素敵な製品の一つ

そんな『デラックス フラッフィー』をご紹介します^^

 

 

オートブライトダイレクトとは

オートブライトダイレクト

2005年英国で創設したオートブライトダイレクト(Autobrite Direct)はスノーフォーム洗車を中心に、英国で最も優れた品質のカーケアブランドの一つとして位置づけられております。 単に製品を販売するだけでなく、ディテーリングサービスはもちろん、プロディテーラーまたはアマチュアディテーラーに対しカーケアについての教育サービスを1990年から長きにわたり続けてきております。このようなディテーリングサービスの経験を基に、他ブランドとの差別化を図る専門のフィールドテストチームを運営しております。20年以上行ってきたディテーリングサービス事業を通して得られた経験と知識を活かし、製品を開発してきました。 そのため、オートブライトダイレクト製品は初心者の方でも簡単にプロのように高品質な結果をあなたの車にもたらします。 また、世界で250以上のディテーリング企業がオートブライトダイレクトの製品を使用したサービスを提供または販売しており、オートブライトダイレクトと世界各国のディテーリング企業は今なお継続的にコミュニケーションをとり続け日々製品の改良を続けております。

出典 Autobrite Direct Japan HP

テールウォーカー
テールウォーカー
海外はこのようなメーカーが多いのはマジで羨ましい…日本はワンパターンのしか作らないからつまらない^^;

 

何種類か使いましたけど、比較的使いやすい製品が多い印象を受けます。

様々なディテイリング製品があり、このメーカーで全て揃えることも可能。

 

これから少しづつ色々な商品を紹介していきますね^^

 

デラックス フラッフィーとは

ドライジングタオル
メーカーオートブライトダイレクト
商品名『デラックス フラッフィー』
製品特徴吸水性抜群のクロス
サイズ90cm×60cm
使用用途洗車時の素早い拭き取りに
テールウォーカー
テールウォーカー
類似商品ではGYEON製の『シルクドライヤー』『ソフトドライヤー』が挙げられます。

シルクドライヤーのレビュー記事

ソフトドライヤーのレビュー記事もあります

デラックス フラッフィーのクロス面

テールウォーカー
テールウォーカー
毛足はクロスの裏表で違います。表は毛足が長く、裏側は短い。最近のクロスはこんな感じが多いですね

 

写真で見ると左側の方が毛足が長く、右側は毛足が短い。

基本的に毛足の長い方が吸水性があるので、そちらの面でやるのがオススメ

短い方はコーティングなどの拭き取りに便利な傾向があります。

ただ、そんなに気にしないで使った方が良い 笑

 

デラックス フラッフィーのクロスサイズ

サイズ比較

 

上記の写真はコストコクロスとの比較写真です。コストコのクロスサイズは40cm×40cm

それに対して『デラックス フラッフィー』は90cm×60cm

 

これだけでも大きいのが分かると思います。

下記はシルクドライヤーとの比較

シルクドライヤーの比較
テールウォーカー
テールウォーカー
少しシルクドライヤーの方が大きいですが実際に使っているサイズ感はそんなに違いはありません

 

ついでにクロス面の違いもどうぞ

 

シルクドライヤーと比較
テールウォーカー
テールウォーカー
デラックス フラッフィーはいわゆるマイクロファイバークロスですが、シルクドライヤーは綿タオルに近い感じ

 

使い方次第でキズの入り方も違いますが、吸水性を求めるなら『シルクドライヤー

塗装面に優しく触れたいなら『デラックス フラッフィー』『ソフトドライヤー』という感じで使い分ければOKですね^^

 

デラックス フラッフィーのレビュー

拭き取り前 拭き取り前 拭き取り後
テールウォーカー
テールウォーカー
スムーズかつスピーディーな拭き取りが可能♪

 

拭き取り前 拭き取り後
テールウォーカー
テールウォーカー
上記はのルーフの写真は拭き取れてないように見えますが、スケール(雨ジミ・ウロコ)という汚れがある為、正常な状態。クロスの問題ではなく汚れの問題

 

この状態はコーティングが効いてない状態とかいう人もいますが、それ以前の問題でコーティングの上にも汚れは当然つきます。

その為、水が汚れに引っかかって拭き取れない状態。

 

上記のような現象で迷っている人は下記の記事をご覧ください

ボンネット研磨
キレイの維持 ケミカル洗車をやらなければ、塗装は汚れていくだけ洗車ってキレイにならないな〜と思ったことはありませんか?シャンプー洗車のみでは汚れは取れません。固着した汚れには正しいケミカルを使うことで除去することが可能になります。車から汚れをキレイに除去できると塗装本来の美しさが顔を出します。今回は汚れの種類だったり、汚れに対して、どういうケミカルを使えばいいのか紹介させて頂いています。ぜひケミカルを理解して愛車を輝かせてください...
REBOOT
プロが認める酸性ケミカル!キレイを維持するならGANBASS『REBOOT』(リブート)動画ありコーティングをしてもボディにウロコがあり見た目的に『う〜んなんかイマイチ』だったり、ウロコがなくてもクルマがなんかキレイにならなかったり...

 

テールウォーカー
テールウォーカー
動画での拭き取りもあります

 

 

一回も絞らずに洗車できる

やはり一回も絞らないで洗車できるのは魅力的ですし、かなり作業も早いです。

TW的にはよくある洗車方法のエアーブローしながら拭き取るより、一回『デラックス フラッフィー』で拭き取ってからブロワーで細かいところを飛ばして、拭き取った方が個人的には楽

ブロワーなどのエアブローしながらの洗車って意外と時間かかるんですよね。

そうすると水を乾かしてしまうリスクがあるので、上手く使い分ける方が良い。

テールウォーカー
テールウォーカー
TWはこのタイプのクロスを手放すことはできません

 

デラックス フラッフィーのデメリット

デメリット

クロスを絞れない 人によっては使いにくい

デラックス フラッフィー』は大きい為、絞りにくいというか絞れないです^^;

基本的に絞るものではなく使い終わったら干しておく、もしくは洗濯機の脱水にかけてしまって使うのがベター。

洗車環境によってはこのクロスが使いにくい人もいますが

  • ガレージがある人は干しておく
  • 洗車が終わったらその日のうちに洗濯物と一緒に洗う
テールウォーカー
テールウォーカー
はっきり言って絞るというのは現実的ではありませんので絞らないような方法をとった方が良いかな?

 

仕事で使っているような人の場合は洗濯機が近くにあると思うので洗車している間に脱水することで問題なく繰り返し使用できます。

もしくはプライベートで1日あたり数台洗車する人は数枚持っていた方が良いかもしれませんね^^

 

キズを入れてしまう?

このタイプのクロスはキズが入りそうで怖いと言ったり、砂汚れを引きずってキズ入れそうという声があります。

ただそれは基本的に使い方と洗車方法で解決できる話なので何も難しい話ではありません。

そもそもこちらのクロスは拭き上げるという作業方法ではなく『撫でてあげて吸水する』という方法をとるための物なのでそもそもキズを入れるような拭き取り方になっている方が問題

 

何よりも最初のウォッシュ段階で砂汚れを残さないようにする.

これに関しては洗車の基本なので、砂汚れが沢山残ってクロスが汚れてしまうという人は洗車方法を見直した方が良いかもしれません(しっかりやっても付着が取れない時もあるので限度はありますが)

キズを入れないということに使い方の問題でしかないかなとTWは感じています。

テールウォーカー
テールウォーカー
まあ最終的には使いやすいかどうか?ってところが一番重要かと…フィーリングは大事^^

 

デラックス フラッフィーのまとめ

  • 『デラックス フラッフィー』は裏表どちらも使える
  • 表側が毛足が長く、裏側が短い。吸水時の基本は毛足が長い方を使った方が良いが、あまり気にしなくても大丈夫
  • やはり通常のクロスを使うよりも拭き取り
  • 絞るのは基本的に難しいので、1日数台洗車する人は脱水機にかけてしまうか数枚用意している方が無難
  • キズが入るか入らないかは使い方の問題

 

大判クロスは使いなれると非常に優れた製品の一つになります。

今まで使ったことがない人はぜひ使って欲しい^^

テールウォーカー
テールウォーカー
本当に手放せなくなりますよ♪

 

ぜひ参考にしてみてください。

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

 

ジーオン シルクドライヤー
洗車時間の短縮や効率UPに最適 GYEON(ジーオン)シルクドライヤー 冬の寒さや夏の暑さにも最適ブロワーよりも洗車効率をよくしてくれます。 普段30分かかる洗車が10分程度で終わってしまうような感じです。これがあると洗車めんどくさいなと思う人でもすぐに終わるので便利です♪ より使いこなすためのポイントも記載してあります^^ ...
ソフトドライヤー
GYEON(ジーオン)ソフトドライヤー コーティングの拭き取りや水分の拭き取りにGYEON(ジーオン)のコーティング拭き取り用クロス 大判のクロスを試しに購入して見ました。 それもシルクドライヤーの生地の硬さが少し気になっていて、マイクロファイバーで同じようなサイズがあったのでこっちの方が使えそうと思いましたが、メーカーが分けるだけあってコーティングの拭き取りに効果を発揮するクロスだなと思いました。...
マキタ ブロワー
ブロワーを使った洗車方法がおすすめ♪車の細部もキレイにしよう!ブロワー性能比較表付き効率的な洗車を必須にするブロワー エアコンプレッサーを使ったエアブローより、ブロワーのエアブローの方が風量が多いので早く乾いたりします。 エアーコンプレッサーがなくてもブロワーがあれば十分ハイクオリティの洗車が出来ます♪ ...
MUB400
洗車時にブロワーが使いやすい理想的なバランス!マキタの『MUB400』マキタのブロワーMUB400です。 軽量で持ちやすい重心が真ん中にくる理想的なバランス。 非常に使いやすい一品です。...
GBL800E
爆風爆音!100V最強ブロワーBOSCH(ボッシュ)『GBL800E』今回はBOSCH(ボッシュ)のブロワー『GBL800E』を紹介していきます。 洗車を効率よく行うために必須道具の一つであるブロワー...
洗車マニュアル アイキャッチ
『洗車完全マニュアル』悩んだらコレを見て!汚れ、傷を防ぐ為の基本知識洗車でクルマをキレイにしたい。そんな時ネットで調べてもイマイチな情報、間違っている情報などが多くないですか?そこで今回は洗車マニアが洗車マニュアルを作ってみました。これを見ることで洗車に対する道具や方法を解決できるようなマニュアルになっていますので、ぜひご覧ください...
ABOUT ME
アバター
テールウォーカー
自称天然ワックス伝道師で洗車、工具マニアです♪ 洗車・コーティングは分かりにくいことが多いので、少しでも分かりやすいように発信中 クルマは『キレイにするのが最高のカスタム』 車好きの人にお得になってもらえるようなブログを目指してます! 最近は検証依頼を受けることがあります。 検証・レビュー依頼、質問などはお問い合わせより気軽にご連絡ください^^
RELATED POST