【黒いボディがかっこいい!】タカギ 可変式ジェットウォッシャーレビュー G1136BK

記事概要

こちらの記事ではタカギの【可変式ジェットウォッシャーG1136BK】のレビュー記事になります。

タカギのG1136BKの特徴

  • シャフトが長いため遠くまでピンポイントに洗浄できる
  • ジェットノズルにより通常の散水ノズルよりもパワーがある
  • 流量調整機能付き
  • シャワーのアタッチメントがあるのでシャワーでも使用可能
  • 黒いボディがかっこいい!
  • 黒いボディを使ってオリジナル使用に♪

上記のような特徴があります。

そんなタカギのG1136BKのレビュー記事です。

黒いボディが欲しくて、これを買いました 笑

こんにちは!ブラック大好きのテールウォーカー@tailwalker020です。

洗車の用品で不満に思うのが、カラーバリエーションが少ないと言うこと。

水回りの製品だと多いのがタカギと言うメーカーですが、基本的な色は白をメインとしたデザインが多いですね。

最近ではデザインに拘った製品も増えてきていますが、もう少しなんとかならないか…と思っていました。

そんな時に見つけた散水ノズルがこれ【タカギ 可変式ジェットウォッシャーノズル】

タカギ G1136BK
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー

タカギにしては珍しく、ブラックボディでカッコいい!

タカギのロングタイプのコンパクトノズルですね。

製品特徴としてはロングノズルのため、遠いところでもアプローチをしやすいのと先端をノズルを絞ることで、強力な水圧で洗浄することができます(高圧洗浄機ほどではありませんが)

更に可変式ノズルのおかげで好きな角度で噴射可能になっています。

今まで、こう言うのを持っていてもいらないな〜なんて思っていたのですが『これを改造すれば自分好みに使える!?』と言うことで購入。

こちら【G1136BK】もレビューしますが、真の目的は別のところにあります 笑

その辺も踏まえてレビューしていきますね。

タップできる目次

可変式ジェットウォッシャーノズルはミニバンのルーフに便利そう

タカギ G1136BKの特徴
  • 洗車・清掃に適した3種類の散水パターン
  • 先端のヘッドをシャワータイプに変えることでシャワーとしても使用可能
  • 先端は可変式ノズルで180度の範囲内で角度を変えて使用できる
  • 手元で流量調整可能(これはまじで便利)
  • トリガーのロック機構あり
  • サイズ(W×D×H mm)36×67×783(付属品もコミでの最大の長さは852mm)
  • 適合ホースは12〜15mm(細いホースだとあんまり良さは感じられません)

なんと言っても特徴的なのが、とにかく長い…

通常の散水ノズルと比較

これだけ長いとミニバンとかのルーフのシャンプー流しとかは楽そうですね♪

ただ流水洗車とかには向かないかな〜

取り付けはワンタッチジョイントで、楽々取り付け♪

手元はワンタッチノズルタイプ

可変ノズル部はこんな感じ。

可変式ノズルの為角度が自由
可変式ノズルの為角度が自由
可変式ノズルの為角度が自由
可変式ノズルの為角度が自由
タカギ ノズル角度
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー

ヘッドはカクカクとロックがかかりながら動くタイプ

ハンドル部分に関してはタカギのQG138AKと一緒で、色違いと行ったところ。

水量調整はダイヤルで変更します。

手元の丸いところを回すと水量調整可能
ダイヤルを右に回すと水量を絞り、左に回すと水量が増える

この機能は結構便利で水量がちょっとで使いたい時に手元で変更できるのは大きなメリット!

自分が使っているタカギのコンパクトシャワーヘッドノズルも調整方法は一緒ですが、ヒンジ部分とかリアゲートなどはかなり便利!水量が適切に調整できるため、水が車内に入りにくい。

トリガー部分にロック機構はあり。

G1136BKのトリガー部分
トリガー部分の下にある白いのがロック機構
G1136BKのトリガーロック
トリガーを握った状態でロックを上にずらすとロックがかかる

先端のノズルは絞ると、強いストレートが出ます。

絞ってある状態で勢いよく出る
ノズルを絞っている状態
絞ってある状態で噴射
勢いよく噴射する
広角に出るノズル状態
ノズルを広げた状態
広角にて噴射
広角で噴射される

ノズルの絞り具合で狭角〜広角を調整して、噴射する感じです。

シャワーヘッドがを使いたい場合は付け替えます。

下記の写真はヘッド付け替えた状態です。

先端の変更が可能
ヘッドとその繋がっているところを持って緩めると外れる

ヘッドをなかなか外すのが大変で、素手で外すのは難しいかも自分はプライやで挟みながら回しました。

プライヤーとかあった方が良いかも
プライヤーで挟まないと力が入らず回らないかも
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー

写真ではプライヤーで直接つかんでいるけど、キズ防止のためクロスなどを間に入れて上げた方が無難。
ちなみにヘッドの交換は気軽にできないし、少しめんどくさい…

実際に使ってみた感想(動画あり)

流石のタカギと言うべきか。とりあえず使いやすいです。

ジェットノズルにおいては家の掃除とかに重宝しそうだなとは感じました。水量も多く圧力もそれなりにあるので、高圧洗浄機よりも場合によっては使いやすそうなかんじ。

シャワーヘッドにおいては抜群の使いやすさで、ミニバンのシャンプー濯ぎには間違いなく使いやすい。最後に純水を使っての濯ぎにもいいかな〜(あまり移動せずに水をかけれる)

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー

シャフトが長いぶん、自分が動かなくてもピンポイントで水をかけれると言うのはポイント高い。

ちなみにこのノズルはコンパクトなんだけど、実は流量が多いんだよね。

それもあって普通の散水ノズルより、このタイプばっかり使っている。

真の狙いは流用してオリジナル洗車ノズルの作成

意外と便利であったらあったで重宝しそうな【可変式ジェットウォッシャー G1136BK】ですが、本当の狙いは魔改造をすること 笑

と言うことで今回これとタカギのコンパクトヘッドノズルをガッチャンコします。

タカギのノズルを組み合わせる
G1136BKとQG138AKを組み合わせる

作業方法は至って簡単です♪バラして組み換えるだけ!

QG138AKを分解します
特に工具を使う必要もなく、素手でバラせます。

とりあえずバラします。

バラしたら使うのは真ん中のシャフト部分だけ。

シャフトの白い部分は外せないので、タッチペンで塗り塗り。

タッチペンでぬる

色を塗ったら準備OK!

シャフトとヘッドノズルを混ぜて組み換えれば

タカギノズル 魔改造
組み合わせた製品の完成形
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー

ブラックボディ可変式ショートノズルの完成!!
予想通りの見た目に大満足 笑

実際に変えてみて思ったことは『とにかくかっこいい!』と言うこと。

可変式ノズルは求めていなかったのですが、これが意外と良い感じに機能してくれて使いやすい!意外と重宝します 笑

めっちゃ大満足!

これをやりたいがために買ったと言っても過言ではありません(タカギさん、すいません)

ちょっと真面目なこというと、G1136BKのときと比べると若干流量が減ったように感じますが、殆ど問題ないレベルなのでOK。

まとめ 可変式ジェットウォッシャーは濯ぎに活躍 & 改造用としておすすめ

濯ぎ専用のノズルとして持っておくと良いかも
G1136BKのまとめ
  • とにかく黒いボディがかっこいい
  • ジェットノズルは清掃とかに便利そう
  • シャワーノズルに付け替えることで濯ぎなどで使いやすい
  • ロングタイプなので自分が動かなくても、ピンポイントな場所に水をかけれる
  • 組み換えればコンパクトなタイプに組み換えることができる

タカギの【可変式ジェットウォッシャー G1136BK】みたいなタイプは洗車する人からしたら、あんまり使わないと言う人の方が多いかな。

自分も実際に使って見るまでは『このタイプなら高圧洗浄機使うわ!』って思ってましたが意外と便利なので、引き続き愛用していきたいと思います。

何よりも今回の真の目的である魔改造が良い感じになったので、自分的には超満足 笑

あなたもG1136BKを使って楽しい洗車ライフを過ごしませんか?

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる