【健康で例える洗車】洗車マニアのお前はボディビルダーであると理解しろ!

アイキャッチ

こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

30代を超えて、健康を気にするようになりました。

30代になってから

  • カラダの疲れ
  • 体重の管理
  • 無理が効かなくなってきた

なんてことを感じています。

そして自分は何より、ご飯を食べるのが好きで、食事でストレス解消するタイプのため、忙しくなればなるほどムダに食事する傾向があります。

その結果、なんか体調悪い…体重は増えて いくという状態になったため『これはイカン!』と思い健康スタイルを見直そうと思いました。

仕事でムリをしたい私にとって健康は改善しないと、良い仕事ができないと思ったわけです。

そこで健康について調べたら

テールウォーカー

考え方的には洗車と一緒じゃん。

となんでもかんでも洗車に関連させる悪いクセを発揮 笑

例えばコーティング・ワックスってなんのために施工するの?

ユーザー

撥水とか艶を出したいからかな?

テールウォーカー

それもあるかもしれないけど、一番はキレイを維持したいからという人が多いよね。

洗車・コーティングの本質は塗装に対するチューニングおこない、愛車をさらに美しく、キレイの維持を図ることだと思っています。

例えば【撥水】をさせることが目的ではないと思うんですよね(それはそれでいいんですが)

健康で言えば、私のパターンでいくと

体重が増えた⇨体重を落とそう⇨ダイエット⇨体重落ちた⇨少し健康的になった?

ってなると思います。

これがそもそも間違っていると思っていて、本来であれば

体重が増えた⇨普段の生活スタイルが良くない⇨健康的になりたい⇨じゃあ今できる生活の改善方法をしよう⇨食生活のバランス見直し⇨体調が良くなった⇨結果的にダイエット成功

みたいになるのがいいですよね?

ダイエットするための改善と、健康になるための改善は目的が変わってくるというのが大事なポイントだと思っています。

今回は健康方法と洗車の考え方を照らし合わせることで、個人的には実感しやすい傾向にあるなと思ったので、そちらを紹介していきます。

テールウォーカー

ちなみに洗車マニアの方は、健康界で例えるならゴリゴリのボディビルダー的な存在だと思っています 笑

あくまで、個人的な健康と洗車方法で例えた場合の例になります。実際には自分にあう健康方法、洗車方法は違うと思いますので参考程度にしてください。特定の健康方法をダメと言っているわけではありません。

タップできる目次
この記事の著者
テールウォーカー

カーディティラー&洗車メディア
テールウォーカー
tailwalker

洗車と健康における良い状態とは?

よく健康において

  1. よく寝て⇨22時〜3時の間は寝ていたい。8時間睡眠推奨。
  2. よく食べて⇨栄養をしっかり取る。栄養バランスをしっかり取るにはお金も知識も必要
  3. よく運動する⇨時間のない中で筋トレ、モクモクとカラダを動かすのは大変

って言いますよね。

これってハードル高くないですか?

これを洗車で例えると

  1. 毎週洗車をできるだけの労力がある
  2. ガレージなど洗車をするのに有利な環境がある
  3. 色々なケミカル・洗車道具を駆使して、クルマをキレイにできる
テールウォーカー

これって一部の洗車マニア以外は難しいですよね。

この健康・洗車の3条件をクリアするのは一部の猛者以外はなかなかいません。

これをクリアできるのはマイノリティであり、一般の人はここまでの状態を求めていない。

『ある程度健康であればいいかな』『遠目から見てキレイに見えればそれでいいよ』っていう人の方が圧倒的に多いと思います。

そもそも良い状態を作るには知識が必要で、知識がなければ意味を理解できないし、知識があれば限られた条件でも良い結果を出すことはできます。

テールウォーカー

マニアレベルになっている人達は、こんな簡単なことなのに、なぜ分からないんだ!なんてことを思ったことがありませんか?苦手な分野とか興味のない分野においては自分もそうなっていませんか?
自分はそうでした 笑

〇〇ダイエットにハマる人は、洗車でいう最強とか5年間メンテフリーとかを信じている状態

ダイエットは健康に向かうための手段なのに、体重を痩せるための手段になりがちではありませんか?

よくあるダイエットが

  • 炭水化物抜きダイエット
  • 糖質制限ダイエット
  • 一日一食
  • 16時間断食
  • 朝バナナなどの〇〇食べとけダイエット

他にも色々ありますが、この辺が有名なところでしょうか?

これって洗車におけるコート剤の謳い文句である【世界最強】【9H】【5年間メンテフリー】【水シミがつかない】【キズが入らない】【クリアが増える】と一緒の状態だと思っています。

テールウォーカー

これって洗車リテラシーの高まってきている洗車界隈では『あ〜また言ってるよ』となりがちになってきていると感じています。

健康もまさに同じ状態ですよね。

洗車においては【塗装の状態】【ツール】【使い方】のバランスでキズが入る・入らないが決まってきます。

先ほど述べた健康方法は極端な例でもあります。

基本的に巷に溢れる健康方法というのは【ムダを省く、健康方法】であることが多く、基本的に食事を取りすぎている人に対して【一食置き換え】や【糖質を減らす】ことでカロリー摂取量を減らすゴリゴリの力技。

実際にやっている人たちも多くは苦労して、おこなっているのではないでしょうか?

極端にカットしてしまうことで体調を崩す人もいて、ムダを省いて終わりになってしまうことが多いと思います。

洗車で言えば【シリコン洗車】【キズが入らない無水洗車】などが似たような状態と言えるかもしれません。

シリコン洗車はコスパが非常に良く、キレイを維持できる洗車方法の一つではあると思いますが、撥水や耐久性はあまり感じられない(自分は良い洗車方法だと思っています)

シリコンは成分の一つでしかないから、成分の集合体であるコーティング剤には勝てないなんて意見もある反面、私みたく下手なコーティング剤よりキレイを保てると感じている人もいます。

テールウォーカー

その成分を使って美味しい料理ができれば敵わないかもしれませんが、まずい料理になったら砂糖を舐めてるだけの方が美味しいみたいな 笑

無水洗車においても、クルマの汚れの状態がひどくなければキズを入れないで済むかもしれませんが、汚れが多ければ多いほど、固着していれば固着しているほどキズは入る傾向にあります(洗車傷の入る一番の要因は汚れを引きずること)

それを無視して、万能説的な感じで話をすると、おかしな話になってきますね。

結局何が言いたいかというと謳い文句のパッケージに惑わされるなという話。

基本的には食事のバランスを取ることが大事(合う合わないは置いておく)

それを他のバランスを無視した食事生活で、どこかにムリが出るのは当然のこと。

あくまで特性を生かしたやり方を意識することが、大事だと思っていますがパッケージングされた健康方法はだいたい〇〇だけでOKとなりがち…

洗車も『コーティングだけしとけばOK』『水洗いしておけばOK』なんて話にはならないですよね。

パッケージ内容を盲信するよりは、そのパッケージの特性を知ることで、自分の中で引き出しを増やすことが重要だと思っています。

テールウォーカー

各特性をしり、自分に合う・使えそうな部分を抽出して組み合わせていくのが理想では?

成分に惑わされるな

糖質が…脂質が…タンパク質が…悪いとか極端な減らしかたをしたり、過剰に摂取したり、〇〇が良いらしいからと、それだけを摂取したり、極端な健康?方法(ダイエット方法)が多く、なにかを悪くいいがち 笑

例えば糖質制限なんかは有名ですが、糖質制限をすることによって老けやすくなるなんて言いますよね。

制限という行為は極端に何かが高い人とかに向けでやることが多く、普通の人にとってはある一定の体重が落ちて、一時的に落ちている行為でしかないと思っています。

別に糖質制限を悪く言いたいわけじゃないし、その情報があっているあっていないの話はするつもりはありません(あくまで例えで出しているだけです)

テールウォーカー

あくまで、私個人が調べた主観に基づいているだけです。

逆にボディメイクをする人は炭水化物をとったほうが良いという意見の方が多いと感じています。

炭水化物を取らないことでエネルギー源が少なくなり、代謝が落ちる。

エネルギー不足になりがちなんてことになるらしいです。

ここ最近はPFCバランス(タンパク質・脂質・炭水化物)を気にしながら摂取していますが、糖質制限、炭水化物は食べない、一日一食という行為をしていると栄養バランスやPFCバランスが崩れすぎることがあるため、ダイエットとしては良いかもしれないが、健康的にはなれないかな?とは感じますね。

テールウォーカー

目的は体重を減らすではなく、健康的にいるのが目的なら本末転倒。

そもそも栄養学も今まで色々なエビデンスがあり、時間が経過して、それは間違いだったなんてことも多々ありますよね。

これを洗車に当てはめていくと【石油系溶剤】【シリコン】【溶剤】とかは、よくダメだなんて言われています(自分もよく言ってました)

今でも、これって決して間違いじゃないと思う反面、そうでもないと感じることが多々あります。

例えばコーティングで言えば、溶剤が強い傾向にあります。これが個人的に嫌で、コーティングからワックスに移った大きな理由の一つ。

今までの溶剤を使ったコーティングやケミカルって少なからず、ボディにダメージを与えるような傾向がありましたが、最近では溶剤が入っていてもダメージが与えにくいようなものが増えているかな?とも思いますし、物によっては普通に使っているのもあります。

これって単純にコーティング作りの進化とか溶剤の進化だと思うんですよね。

少なくとも過去は、溶剤系が使われていることによって、よくない影響を与えているコーティング・ケミカルがあったように感じています。

ただ素材の進化、素材の使い方が変化してきたことで、そのようなデメリットになるところを消してメリットを抽出できるようになったことが考えられます。

テールウォーカー

【使い方】【発想】を変えれば可能性は広がる。

ワックスにおいても石油系溶剤ワックスに悩まされたことは沢山ありました(コーティングにもですが 笑)

最近では石油系溶剤ワックスを悪者にするのはおかしくない?なんて意見もあります。これも自分としては過去の製品は置いておき、これからの製品等に関しては期待して良い物だと思っています。

今までは石油系溶剤のワックスは【安く】【塗りやすく】【誰でも使えるように】みたいなところがあったので、どうしても製品的に劣る印象は今でも拭えません。

結果的に天然ワックスがベターになっていたと感じます。

しかし、ワックスを本気で開発するようなメーカーが増えてきた場合『天然ワックスはダメだ!白いモヤモヤ出やがって』みたいな声が上がるかもしれません 笑

とは言っても、現在は【石油系溶剤ワックス】【天然ワックス】は使い分けできる状態でもあると感じているため、新しいハイブリッドワックスが出ても結局は好みだろうし、使い分けされていくだろうな〜と思っています。

テールウォーカー

化学に無知な私が成分にこだわったところで不毛なので、メーカーが出した製品の意図を掴み、製品の性能を引き出せるような視野の持ち方、技術の引き出しを突き詰めていきたい。

少しでも効果が出ると、それ最高ってなりがち

とは言っても何かのコーティングや健康方法を否定すると『私は効果があったぞ!』『使い方が悪いだけじゃないのか?』『使い方がマニュアル通りじゃない』なんて意見をもらいます(自分もよく意見をもらいます)

そもそもこのような状態になる要因として、上げられるのが下記のようなことではないでしょうか?

  • そもそもの経験値が違う⇨ボディビルダーとトレーニングを全くしない人では考え方が違うのは当然
  • 何もしていない状態からの改善⇨ダイエットしようとして一食置き換えた結果、摂取カロリーが減り一時的に痩せた
  • 多少効果があったから信者になってしまう⇨ろくに検証もしないくせにメーカーとかインフルエンサーの言うことしか信じない
テールウォーカー

悪意のあるデモンストレーションをする人も多いですね 笑

健康や洗車はプロと一般の人が非常に手を出しやすい、馴染みのある作業でもあるので、有識者と意見が混ざり合って、反発してしまうのはあるある。

ダイエットに関してもここ最近は16時間ダイエットが流行っていますが、あれも結果的に一日二食に減らす⇨カロリー下がる⇨生活リズムを見直す。なんて言う行為であるなんて言われていますよね。

16時間ダイエット(8時間のみ食事OKみたいな)は昔からある方法ですが、パッケージが変わったことによりブームになっています。

ただボディメイクをする人たちは、大体の人が適切なカロリーと栄養が取れていれば変わらないなんて意見も多いです。

これは否定したい訳ではなく、16時間ダイエットに栄養学を少し勉強し、自分の最適化に持っていったら、もっと良い結果になりますよね。

テールウォーカー

でも、誰もそれをやろうとしない現実 笑
『著者がやらなくていいって言ってたよ?』って自分で少しは考えろ!って思います。

洗車でも似たようなことがありませんでしたか?

撥水シャンプーを本物のガラスコーティングと謳い、パッケージを変更して魅力的な製品として、爆発的なブームを生み出した製品がありましたよね?

キズが入らない最新テクノロジーって言っておきながら、他メーカーから既に出ている製品で、キズが入ると全国から声が上がった製品がありましたよね?

これって同じような状態だと思うんですよね。

  • オシャレなパッケージで洗車を楽しくできる環境要因を創り出した(素晴らしい)
  • キズが入らないって言ってしまった手前、使い方が悪いと言い張った(これは分かりきっている結果のため、売り方を変更した方が良かった)

ここから自分で考えて、違和感を持った瞬間に自分にあう洗車方法を収集して、最適化を行えれば良かったですよね。

こういうメーカーにハマったことで、洗車で遠回りしたなんて言う人も多いです(とは言ってもキッカケを造ってくれているのは偉大)

ちなみにそこの信者だった人が、今では素晴らしいディテイラーになっており、その製品も使うけど、場合によって使い分けると言っていて、そうなるよねって思っていました。

テールウォーカー

自分もある人の信者でいたことで、近道をできた反面、遠回りをしたな〜なんて実感もあります。

結局は今まで何にもやって来なかった人は効果を感じるし、やってきた人はそれまでの経験値があるから情報の受け取り方は違うということ。

簡単に言えばプロと素人では結果の感じ方が違うよね?ブランディングが上手ければ上手いほど、ある一定のレベルまでは勘違いをするようになる。

最終的に自分に合うかの検証は必要

ここまで理解できたあなたはガチムキのボディビルダーだ!

ここまで、長々と書いてきましたが、今書いてきたことを理解できましたか?

理解できていたとしたら、洗車におけるムキムキのボディビルダーレベルです。

テールウォーカー

否定はさせませんよ。

ここまでの話を『そうだよねと』思ったと人は恐らく、常に新しいコート剤を買いあさり、洗車の方法でキズを入らない大事なポイントを知っており、ケミカルを正しく理解使えて、適切なメンテナンスを行えているような人だと思います。

それを健康で考えると

栄養バランスをしっかり摂取できており、サプリなどの適切な摂取方法を知っている、どうすれば筋肉がつくか、体のメンテナンス方法を知っており、どこまでも筋肉を求め続けるボディビルダーそのものではありませんか!?

どこまでもキレイを求めてワックスやケミカルを買いあさり、検証していく姿、終わりのないキレイを求めていく姿。

それはもう、ボディビルダーの如くですよ!(すいません極端な例です 笑)

テールウォーカー

でもそれぐらい突き抜けている感じ。

大事なことはみんなが言っている共通事項

何のジャンルにおいても重要な情報と言うのは、みんなが言っている共通事項になります。

洗車で言えば

  • こまめな洗車
  • 酸性ケミカルの使用
  • 汚れを引きずらない洗車方法(こまめに濯ぐ)

上記のような方法はみんな言いますよね。

少なくともビジネスライクな人から色々な洗車マニアの人まで、この辺は同じことを言っていることから間違いなく重要性の高い情報であると言えます。

健康も一緒で

  • タンパク質
  • 腸活
  • 睡眠

上記の内容はほとんどの人が重要と言います。

なので、すぐ出来ることとして、タンパク質の確保と菌のある食品を購入して食事に積極的に取り込むようになりました。

洗車も健康も全ての方法を試すのは大変だから、まず大事と言われている共通事項を自分のできる範囲で可能にすること大切だと思います。

洗車はいきなり完璧を求める傾向がありますが、今まで何もしてこなかった人が完璧にキレイにするなんて難しい話です。

健康も一緒ですよね。いきなり完璧な食生活にできますか?毎日しっかり睡眠時間を確保できますか?

洗車は健康よりは簡単かもしれないけど、少なくともある程度の経験は必要になってきます。

ダイエットも洗車もいきなり沢山やって、嫌になるくらいなら反動が起きない程度に抑えた方が長続きして結果は出やすいです。

テールウォーカー

自分のクルマで言えば、毎回の洗車で完璧にはキレイにしないです。どこかの洗浄をやり忘れたら次回でいいやと思いますし、トータルでキレイであれば良いと言う考え方。

最終的には洗車も健康方法も自分の最善を重ねて、オリジナルを突き詰める

メディア運営をしていると必ずもうらう質問が

ユーザー

どれが最高の洗車方法ですか?どのケミカルが最高ですか?

なんて質問はよくいただきます。答えとしては

テールウォーカー

最高の洗車方法は各々で違うし、ある一定の製品以上になってくると好みの問題でしかありません。

ここ1年色々な製品が新しく発売されたりして、色々触ってきましたが自分のメイン製品を変えたものもあれば、どれでもいいかな〜なんて言う製品が多かったのもあります。

ユーチューブを見ていれば、分かりますがプロでも洗車方法は全然異なります。みんながみんな自分にとって良い洗車方法を突き詰めています。

ディテイリングブラシを使う洗車、使わない洗車、バケツ洗車、シリコン洗車

どれも間違っていないし、どれも各々にとっては正解の洗車であると思っています。

あくまで主観による結果が大事だと思っていて、『どれが自分にとって洗車がしやすい方法なのか?』と言うことが重要。

だから簡易的にキレイと感じて満足できるなら十分だし、満足いかないなら突き詰めていけば良いと思う。

テールウォーカー

その場合は終わりのない洗車沼にハマる=ボディビルダー化かもしれませんが 笑

他の人にとって、自分の好きな製品がダメな場合もあれば、自分がダメと感じる製品が人によっては良いと言うことが当然のようにおきます。

ここ最近でも、みんなが絶賛しているコート剤が言われているほど、良いと感じることはありませんでした。

逆に

ユーザー

テールウォーカーさんがおすすめしてくれた製品を使って
見ましたけどガッカリしました。他にもっと良い製品ありますか?

テールウォーカー

(いや、知らんけど…)好みの問題なので、あなたの主観とキレイに対する考え方が違う以上、あなたの好みを当てるのは非常に難しいです…

なんてこともあります。

個人的には様々な洗車方法がある中の良いとこどりをしていき、自分に合う洗車スタイルを見つけ出すのが良いかな〜。

洗車も健康も自分自身の特性を掴むことで、オリジナルのスタイルを突き詰めることが重要。

まとめ&あとがき まずは出来ることからコツコツと

盲信的にならず、様々なスタイルから吸収しよう!
まとめ
  • 目的を履き違えると、求めている結果にいくのに遠回りするかも
  • 洗車も健康も完璧を求めるのは難しい…出来ることからやってみよう
  • 製品やパッケージの謳い文句に惑わされるな。その製品の本質はどこにあるか考えてみる
  • 成分にこだわるのは不毛。成分はメーカーに任せて、その製品の性能を引き出すこと力をつけた方が良い
  • 何もやってこなかった人が効果を感じるのは当たり前。もう少し俯瞰的に見れると良いかも
  • 何をやっていいか分からない人は有識者が言っている【共通言語】を意識しよう
  • 最終的にはオリジナルスタイルを作りだし、終わりのない洗車沼にはまろう 笑

洗車は健康と比べて即効性が高いし、良い製品も増えてきたことで、キレイの維持は非常に容易になってきていると感じます。

とは言っても実践を積んで経験を積まないことには難しく考えがち…

それを少しでもシンプルに考えるための意見になればと思います。

今回は自分が健康を意識したことで、健康のことを少し書きたくなったので、試しに書いてみました(今回は洗車のことよりも健康面のことを書きたかった 笑)

ボディビルダーとかの情報って『こんなカラダ目指してないから不要でしょ』と思っていましたが、さすがボディメイクのプロなだけあって、カラダのことに関して非常に論理的に考えているな〜と非常に勉強になりました。

洗車に関してはメカニズム的に考えるクセして、他のことに関しては論理的に考えるのが難しい。

ただ運動していれば良いわけではないし、カラダを作るのは筋トレより、食生活。

年齢を重ねていくことで物事の価値観が変わっていくのを日々感じます。

しっかり言語化して、健康も洗車もクオリティを上げていきたいですね♪

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる