洗車の型や動き方について 魅せる洗車について考察する

 

今回の記事は洗車をするときの動き方や洗車スタイルについての考察記事です。

 

こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

 

洗車のやり方を調べると最近はネットでも沢山の動画が出てきてやりやすくなりましたね^^

TW自身、洗車を覚えようと思った時はキーパーさんなどの洗車方法をよく見て『洗い残しをなくすには』『プロみたいなキレイな動き』『どうすれば早く作業できるか』を意識してユーチューブに没頭したものです。

 

最近はユーチューブで様々なプロが洗車動画を上げてくれているので情報を更に収集しやすくなりましたし、洗車方法に関して難しく考える必要はないという認識が増えた人も多いと思います。

洗車業界では様々なプラシーボ効果(思い込み)で作業する人もいれば、自分達と洗車方法違うだけで鬼のように文句を言う人達も…

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
今は明らかに的外れのやり方を言ってなければ文句は言いませんが、TWもそんな時期はありました^^;(技術職は結構あるあるだと思います)

 

そんな背景がある中で色々な人の動画のコメントに対して書いてある内容が興味深く、面白いと思ったので今回記事にしてみました。

  • 魅せる洗車とは?
  • プロっぽい洗車とは?
  • 動きが全然ダメ
  • やり方が素人っぽい
  • 何がプロなのか分からない
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
今回は上記のような疑問が動画のコメント上によくあったので、その辺にスポットを当てて考察していきたいと思います

 

タップできる目次

魅せる洗車の基準とは

ムートンシャンプー

シャンプーのちょうど良い泡加減

まず第一にシャンプー洗車の泡がキレイに使えていると、なんかプロっぽいですよね?

シャンプー泡の軌道といえば良いでしょうか?

軌道ががキレイに残っていることで、気分はアート的な感じを味わうことができます^^

 

シャンプー泡

 

シャンプー洗車でモコモコに

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
上記のような泡泡はプロみたいだし、なんか凄い効果ありそう^^

 

ちなみにですが、洗車を覚え始めたときは泡泡洗車をしたくてムダに泡泡にこだわっている時期もありましたが途中から意味ないな…と思ったりしたので一回やめています。

DIY環境でやると風で乾いてしまったり、シャンプーを使うことがデメリットになる可能性を感じていたので逆に大変じゃね?と思っていたわけです。

 

と言うか完全に泡泡洗車自体がパフォーマンスだなと…

キャニオンスプレーなどのシャンプーを入れて使った方が確実だし、楽というのもありしばらく使っていませんでした。

 

ただ使い方次第ではありと認識しましたので、最近ではシーンに応じて使い分けている感じですかね。

なので洗車をするたびに泡泡洗車はしない派

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
もちろん毎回やらない理由はありますが、毎回ツールを出すのもめんどくさくないですか? 笑

 

ムダのない動き

やはりムダのない動きは見ていて気持ちが良いですし、スムーズかつスピーディーに洗車しているとやはりプロっぽいなと感じます。

やはりそういう面で言うと『キーパー』が非常に魅せる洗車と言う観点で言うと優れていると感じますね^^

大量の泡を使い『洗車の型』を教えることで誰がやってもある程度同じような洗車スタイルになるような教育をしています。

 

キーパー自身が『早いはキレイ 早く確実な作業を行うことで作業は早くなる』と以前言っており確かにと思う反面、キズを入れないということにおいては手間が掛かるのも事実なので一概には『キレイは早い』は難しいかなと思いますね。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
キレイな汚れが少ないクルマを洗車するときのパフォーマンスとしてはGOOD

 

気になるのはムートンの使い方

ムートンシャンプー

 

個人的に気になるのはムートンの使い方。

ムートンは業界内ではキズが入るので、タブー的な扱いをされていおりTW的には納得いかないことも多々あります。

TWは基本的にムートンにて洗車を行なっていますが、基本的に大量のキズが入っているとは思えません。

 

磨いて半年ぐらい経ったけど洗車傷はほぼ見えず

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
上記は磨いてから半年経った状態。もちろん塗装で結果は変わるけど気になるキズはありません

 

ただキズが入りやすいのは事実で使い方を間違えるとキズを入れる要因の一つ

ムートンに水分がなくなってくるとかなりキズが入る原因にはなりますので『流水洗車』などの洗車方法をとることでリスクはかなり軽減します。

 

魅せる洗車では『スポンジ』『ムートン』に限らず言えることですが、濯がないと汚れを引きずって洗車してしまうことになるところを濯いでいないのも気になります。

シャンプーは基本的に摩擦軽減が目的であり、汚れを泡で包むことでキズが入らないと言うことはないので注意

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
いつも言いますが洗車のポイントは『汚れを引きずらない』『塗装面にソフトにタッチできる使い方』が大切です

 

ムートンとの相性抜群な流水洗車はこちら

洗車ウォーカー
洗車は水洗いで充分!?『流水洗車』をすることでクオリティーアップ!少しでも洗車を楽にするやり方 | 洗...
洗車は水洗いで充分!?『流水洗車』をすることでクオリティーアップ!少しでも洗車を楽にするやり方 | 洗...シャンプー洗車で困ったことはありませんか?シャンプージミが残ってしまったり、なんかスッキリしなかったり。それはシャンプーの濯ぎ不足が原因です。そこで今回はシャン...

 

正しい洗車方法でも否定される

洗車

洗車の考え方の違い

洗車動画で色々見てると本当にコメントが面白くて、TWの目線で見ると『それが大事だよね』となってたりしますがコメント欄には

  • 素人と変わらないじゃん
  • これだったら俺の方が洗車うまいわ
  • プロってこんなものなの?
  • 〇〇ができていない
  • プロなのにムートン使わないの?(最近のプロはスポンジがメインの傾向です)
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
洗車は色々な考え方がありすぎて、スクランブル状態 笑 自分の考えが一番正しいと思っている人が多い

 

もちろん理解している人もいて

  • 素晴らしい洗車をしているよね
  • ポイントを押さえている洗車方法
  • 真似がしやすい洗車方法
  • これを否定している人は洗車を理解していない
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
洗車のポイントは非常にシンプルと言うのを分かっている人達ですね^^

 

洗車の方法を否定する前に本当にその洗車方法試したことありますか?

プロやメーカーの情報に踊らされていませんか?

誰かがそう言ってたからとかじゃありませんよね?

逆にそう言う意見もあるんだ。自分なりに検証してみようかなぐらいの方が色々見えてきて面白くなってくると思いますよ♪

 

ツールはどれが最高?は不毛

ムートン スポンジ マイクロファイバー

 

よく議論されるムートン、スポンジ、マイクロファイバー

  1. 最初はムートンが一番洗車傷が入らなくて素晴らしい
  2. 次はムートンは研磨時に初期研磨で使うからキズが入る。スポンジもいまいち最高なのは『マイクロファイバークロス』
  3. 結局最高なのは『スポンジ』じゃね?
テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
上記みたいな流れになっていると思います

 

この議論が本当に不毛と思っているのでいい加減、なんでも良いってことにしませんか?

ユーザーの使い方もかなり違いますし、感じ方も違います。

そうなれば当然結果は違います。

 

何も難しい話ではないと思うんです。

ガラスコーティングやワックスもそうですよね

どちらも一長一短がありますし、どれが最高ではなく、どれが好みか?

と言うことが大事だと思っています。

 

正しい使い方を理解して、好みの道具を使って、それに対応できない時にツールの再選択をすれば良いだけ。

って考えで十分じゃありませんか?

そう言う観点で言うと洗車のツールに関してはスポンジから始めるのが一番良いかもしれませんね^^

 

洗車傷の実験をしている記事はこちら

あわせて読みたい
道具よりも使い方が大事!スポンジ・マイクロファイバークロス・ムートンの洗車傷比較実験
道具よりも使い方が大事!スポンジ・マイクロファイバークロス・ムートンの洗車傷比較実験今回は洗車時に使う『ムートン』『スポンジ』『マイクロファイバークロス』での洗車傷比較実験をした記事になります。 ここ2019年現在では、洗車時に『マイクロフ...

 

洗車の型はみんなバラバラ

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
ここまで洗車のやり方に少し触れましたが、洗車に型ってあった方がいいのでしょうか?

 

そもそもクルマの『使い方』『使用頻度』『使用環境』で汚れ方は大きく違います。

それに対して洗車を全て同じ動きはで解決するのは厳しいのかなと…

型を使って洗車している人の大多数が使い分けているイメージはないですね。

 

通常洗車の基本は全ての汚れを落とすではなく、いかに砂汚れをキズを入れずに落とすか。

そのあとはケミカルを使った洗車の流れ。

 

汚れの付着の仕方で手順は変わってきますしスポンジ、ムートンを濯がないで洗車をするっていうのは無理がありますね^^;

TW的には『洗車の型』は人それぞれのキズを入れないと思う洗車、考え方で当然変わってきますし

それの積み重ねが『型』になっていくので色々と知識を深めていくのが大事。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
もちろん最初は色々な人のやり方を真似した方が良いですが、それが最高と盲目的にならない方がいいですね^^

 

魅せる洗車よりも結果が大事

  • 魅せる洗車はプロっぽいがキズが入らないと言うのは違う
  • 洗車は『汚れの引きずり』『塗装面にソフトに触れるツールの使い方』が大事
  • これが最高と言う様な断定する洗車情報が多すぎる
  • 道具は好みで使う
  • どれが最高と言う考え方は視界が狭くなる

 

もちろんパフォーマンスとして魅せる洗車、早い洗車というのはビジネスにおいて必要な要素というのは理解できます。

ただカーディテイリングは地味で細かい作業の繰り返しなので、プロに見えるような作業は基本的にあまり意味ありません。

あえていうならポリッシャーを使っている時が一番プロっぽい 笑

 

TWはキレイになれば素人みたいでもいいですし、使うツール自体も高級だろうが安物だろうがなんでも良い派ですね。

結果的にキレイになることが大事で過程の見せ方なんてどうでも良いかな…

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
最終的にプロみたいな仕上がりになってればOKという認識^^

 

『洗車ウォーカー』もおかげさまで沢山の人に見られるようになりましたが、1年前と考え方が大きく変わっていってますので自分の意見を信じすぎるのも注意してください^^;

 

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

 

あわせて読みたい
ヘッドライトの黄ばみ除去にはアルコール?コンパウンド?CRC?実際にどうなる?
ヘッドライトの黄ばみ除去にはアルコール?コンパウンド?CRC?実際にどうなる? 今回はヘッドライトの研磨時にアルコールやコンパウンドを使うとどうなるか?という記事です。 こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です...
あわせて読みたい
『車についた虫取りのやり方』夏の天敵 虫汚れを除去するクリーナーのポイントとタブー
『車についた虫取りのやり方』夏の天敵 虫汚れを除去するクリーナーのポイントとタブー 今回は夏の最大の汚れポイントである『虫汚れの除去方法』を紹介します。 こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。 夜の田んぼ道...
あわせて読みたい
レビューは参考にならない!?コーティングレビューに関する評価基準に関して
レビューは参考にならない!?コーティングレビューに関する評価基準に関して 今回はコーティングレビュー時にユーザーに気にしてほしいことがあるので記事にしました。 こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。コ...
あわせて読みたい
クレイツールの問題提起とトラップ粘土、鉄粉除去パッド、クレイタオルのキズ、スピード検証しました
クレイツールの問題提起とトラップ粘土、鉄粉除去パッド、クレイタオルのキズ、スピード検証しました 今回の記事はトラップ粘土、鉄粉除去パッド、クレイタオルで鉄粉除去できるスピードがどれぐらい違うのか検証している記事です。 こんにちは洗車マニアのテ...
あわせて読みたい
車にガラスコーティングはもう古い!?ザイモールのようなワックスこそ理想のコーティング
車にガラスコーティングはもう古い!?ザイモールのようなワックスこそ理想のコーティング今回は天然ワックスについての基本的な紹介をしていこうと思います。今まで皆さまはどのコーティングをメインにしてきましたか?ワックス? ポリマーコーティング? ...
あわせて読みたい
『洗車完全マニュアル』悩んだらコレを見て!汚れ、傷を防ぐ為の基本知識
『洗車完全マニュアル』悩んだらコレを見て!汚れ、傷を防ぐ為の基本知識 今回は洗車の基本情報を詰め込んだ記事になっています。 こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。 洗車の方法って色々なメーカー...
タップできる目次
閉じる