【神風ファン必見】サイズ感抜群のオリジナルシャワーノズル葉隠をレビュー

アイキャッチ
記事概要

こちらの記事では神風コレクションの散水ノズルである【HAGAKURE SHOWER NOZZLE】のレビュー記事になります。

特徴としては

  • オリジナルの散水ノズル
  • 洗車用につくられている
  • サイズ感抜群
  • 高級感あふれるデザイン

こちらをインプレッションしていきます。

まさかオリジナルで散水ノズルまでつくるとは思わなかった。

こんにちは散水ノズルマニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

洗車をしていくなかで洗車用品の必須道具といえば【散水ノズル】予洗いするにもシャンプーを流すにしても、ほとんどのユーザーが使用しています。

私自身、散水ノズルは結構好きで、なんだかんだ20種類程度は購入しているかな。

テールウォーカー

いわゆる散水ノズルマニアでもあります 笑

正直、散水ノズルはタカギが一番無難かな〜と思いつつ普段から洗車していましたが、そんなときにハイエンドディテイリングで有名な神風コレクションがオリジナルの散水ノズルを販売するという話を聞き、販売されたと同時に速攻で購入しました。

それが【HAGAKURE SHOWER NOZZLE】

HAGAKURE
テールウォーカー

見た目から高級感あふれる感じのデザイン♪

個人的に【HAGAKURE SHOWER NOZZLE(以降、葉隠ノズルと記載)】はファン向けの製品要素が強い製品ではありますが、洗車マニアの中でも意見が割れている製品のイメージがあります。

正直、散水ノズルの違いって洗車用品の中でも優劣がつけにくい製品ですよね。

個人的に好きな散水ノズルはありますが、それでないとダメか?と言われればそんなことはないので、あくまで濯ぎやすいか?取り回しがよいか?などフィーリングが合うか合わないかでのチョイスになるかな。

テールウォーカー

そういう意味ではデザインとサイズ感に関して、おすすめできる散水ノズルであるかなと言った印象。

今回使ってみて感じたことはコチラ。

メリット
デメリット
  • デザインがカッコ良い
  • 神風コレクションのファンには嬉しい
  • サイズ感が秀逸
  • トリガーが使いやすい
  • 価格が高い
  • シャワーヘッドが大きい
  • 中華製っぽい感じがする

上記を踏まえてレビューしていきます。

タップできる目次
この記事の著者
テールウォーカー

カーディティラー&洗車メディア
テールウォーカー
tailwalker

葉隠シャワーノズルの特徴

葉隠シャワーノズルの特徴
  • 見た目が神風コレクション仕様でおしゃれ
  • 長さが絶妙
  • トリガーが無段階調整ができるタイプ
  • 180度可変式の散水ヘッド
  • 全8種類の撥水パターン
  • クイックコネクターアダプタの180度可変タイプもあり(セット品で購入する場合と単品での購入可)

神風コレクションのファンにはたまらないデザイン

HAGAKURE
見た目は黒ベースでかっこよい
神風のロゴクオリティが高い
ロゴがファンの心をくすぐる

なんと言っても、このデザインがカッコよい!画像にある神風コレクションのロゴはクオリティの高さを感じるし、散水ノズルで黒いデザイン自体のものが少ないので、自分みたく黒が好きな人にとっては大好物ですよね。

テールウォーカー

散水用品ぽくない見た目がGOOD!

トリガーがこのシャワーノズルの場合使いやすい

一般的に多いトリガーがガンを握るタイプですが、葉隠ノズルはレバータイプ。

テールウォーカー

このON・OFFのレバー位置は無段階調整で水量の調整も簡単。

個人的にこのタイプのトリガーはあまり好きではなかったのですが、葉隠ノズルのような形状であれば、かなり使いやすかった。

通常のガンタイプの散水ノズルだと、個人的には使いにくいと感じますが、これなら全然あり。水量の調整がしやすいところもGOOD!

テールウォーカー

タカギのショートノズルもマイナーチェンジすることがあれば、この仕様に変更してほしい 笑

シャワーノズルの長さが絶妙

この製品の最大の特徴はシャワーノズルの全体的な長さ!

葉隠ノズルの長さ
長さは約46cm

タカギのショートノズルとの比較するとこんな感じ。

タカギのショートノズルと葉隠ノズルの長さ比較
タカギの名品ショートノズルとの長さ比較
テールウォーカー

タカギのショートノズルと比較して、10cmぐらい長い感じ。

この長さがあることで、散水パターンが活きていきますね。

180度可変式ヘッドは良いがヘッドのサイズが少し大きい

洗車マニアからすれば、この180度可変式ヘッドも良さを感じるポイントの一つですね。

このヘッドが可変することで下回りやルーフの洗浄などが行いやすくなります。

洗浄がしやすくなることも大きなメリットですが、この角度がつけられることによって自分の好きな角度で噴射できるので、取り回しもよくなったように感じます。

ただ残念なポイントとしてはヘッドのサイズですね。

タカギのショートノズルと葉隠ノズルのヘッドサイズ比較
ショートノズルと比較すると、ヘッドはかなり大きい
テールウォーカー

葉隠ノズルは通常の散水パターンのヘッドなのでサイズ感は他の散水ノズルと同等。

個人的には散水パターンを増やすよりも、ヘッドのサイズをコンパクトにしてほしかった…

全8種類のパターン

葉隠ノズルは全8種類のパターンをもっており、多彩な水の放出が可能になります。

ここでは散水パターンと水量の測定をしていきます。

散水パターン水量
シャワー11.5 L/min
フラット6.5 L/min
ソーカー8.4 L/min
ジェット6.4 L/min
センター8.2 L/min
ミスト0 L/min
フル11.1 L/min
コーン6.9 L/min
内径ホース15mmでの水量測定
シャワー
SHOWER(シャワー)
シャワーの水量
シャワーの水量
テールウォーカー

シャワーの水量的には他の散水ノズルと同じくらいかな。自分がよく使っているハンディシャワーも同等ぐらい。

ちなみに一部のレビューにて、シャワーでの噴射時に噴射状態が歪になるというレビューもありますが、散水ノズル自体に個体差があるので、ある程度のバラツキがあるのはあるあるです(当たり外れは正直あります)

特に8パターンの噴射パターンがあると、部品点数が多いので、より個体差が出やすいかもしれません。

フラット
FLAT(フラット)扇状に噴射している
フラットの水量
フラットの水量
テールウォーカー

高圧洗浄機みたいにはパワーはないけど、噴射イメージとしては高圧洗浄機が近い。

ソーカーの水量
SOAKER(ソーカー)垂れ流し
ソーカーの水量
ソーカーの水量 垂れ流しの割には水量が少し少ないかな
ジェット
JET(ジェット)他の散水ノズルでいうストレート
ジェットの水量
ジェットの水量
センター
CENTER(センター)圧力の高いスポットシャワー
センターの水量
センターの水量
ミストの散水パターン
MIST(ミスト)神風コレクションこだわりのミスト
テールウォーカー

水量は使用している流量計では感知しませんでした。

フル
CONE(コーン)円錐のように高圧で噴射される
フルの水量
コーンの水量

180度可変式コネクタは良いが品質が少し気になる

神風コレクションより、販売される知ったときに個人的に一番期待した散水用品が可変式のコネクタになります。

可変式ワンタッチストップコネクター
可変式ワンタッチストップコネクター
180度可変式コネクタ
テールウォーカー

この製品があれば洗車時にホース捌きが楽になりそうだなと感じて購入しました。

非常に魅力的な製品ではあるのですが、可変箇所が結構カタめなのとチャック部分の精度が少し気になるところです。

カタいのは使っていけば馴染むかなとも思いますが、チャックの精度が少し気になります。

症状として散水ノズルをつけない状態で、ホース内に水が溜まって圧力をかかった瞬間にチャック部分より水が出るような感じになっています。

散水ノズルをつけておけば、問題ないじゃんとも思う反面、そこから大量の水漏れしたらどうしようと思うのは私だけでしょうか?

テールウォーカー

普段使っているタカギが品質が高いため、正直、不安要素としては大きいです。

タカギと比べると散水ノズルの取り付けの硬さも少し気になったかな…

散水ノズルを付け替えるには少し硬い
タカギと比べると体感的に1.3倍程度つけにくい

これは地味にストレスでしたね。タカギで慣れてしまっている人には少しツラいかも。

テールウォーカー

角度変更可能でストップコネクタがつかえる唯一の製品なので、このタイプを使用したい人にとってはおすすめ。

使用方法としては、ホースに取り付ける形になりますが、正直メイン使いするには不安を覚えましたので、ワンタッチコネクタ仕様に変更し、使い分けできる仕様に変更しております。

ワンタッチコネクタ化
ケルヒャーのワンタッチコネクタに付け替えるだけ
ワンタッチコネクタは外して付け替えるだけ
ワンタッチコネクタ化
ワンタッチコネクタ化の完成
テールウォーカー

自分みたくメイン使いしない人におすすめの改造ですね。

葉隠シャワーノズルのレビュー

ここからは実際に葉隠ノズルを使ったどのように感じたかをレビューしていきます。

テールウォーカー

ホース内径については15mmの大流量タイプにて使用してしますので、通常のホースよりは散水ノズルの性能を引き出せている仕様。

詳しく仕様を知りたい人はコチラから⇨タカギのBOXYツイスターをホース内径15mmに改造する

長いシャワーノズルだから意味があるが、散水パターンはやっぱり8種類はいらない

個人的な好みもありますが、やはり8パターンは正直多すぎですね。

私は元々シャワーしか使わないので、他の散水パターンはムダな感じが強いです。

使用している状態として、実際に動画をとってみました。

テールウォーカー

好みの問題だとは思うのですが、ボディから水が跳ねるような散水パターンは水がガレージ内に飛び散るので、私は好んで使わないです。

ただ、いろいろなパターンを使いこなしたい人にとっては、これだけ種類があると嬉しいとは思うので、好みの問題ですね。

ヘッドが大きすぎる

製品特徴としても挙げましたが、やはりヘッドは大きいです。というか通常の散水ノズルと同じ程度ヘッドサイズでしたので、細部のところの洗浄においては少し使いにくいかな…

個人的にはタイヤハウスをピンポイントで洗浄できるのを期待していたので、ここは残念なポイントでした。

タイヤハウスの中は車高が高ければ入る
車高が高い車なら、ギリ入る
タイヤハウスの中は車高が高ければ入る
コンパクトヘッドであれば不満なし。タイヤハウスがもう少し狭い車種でも入れば文句なしなんですが…
テールウォーカー

製品としてのバランスをとるなら、このヘッドサイズであることは大事だと思っていますが、ヘッドが可動するからこそ、コンパクトなヘッドのタイプも見てみたかったですね。

散水パターンはどれもある程度のレベル

散水ノズルといっても色々なタイプがあって、安いものでも扇状に使いやすいものであったり、シャワーパターンしかないが、洗浄圧力と流量のバランスが良いもの。洗車では使いにくいが霧の噴射が素晴らしいものなど、色々あります。

他の散水ノズルと比較しても、葉隠ノズルは散水パターンとしては平均的な物といった感じかな。

テールウォーカー

ただこの製品の特徴であるノズルの長さがあることによって、効果を実感しやすくなっている感じだなと自分は感じています。

長いので水をかけながらの洗車はやりにくい

ただノズルとしては長いため、粘土をかけながら散水するとか流水洗車をするとかはやりにくいのはあります。

ただこの辺に関しては、そのときに違うシャワーノズルに変更すればよいだけですし、粘土に関しても水である必要性はないので、特に問題ないかな。

テールウォーカー

特に自分は元々散水ノズルを場面に応じて、使い分けるタイプなので、デメリットにはならない。

散水角度をつけられるので、ミニバンなどのルーフを洗うときは便利

散水角度をつけられることで、普通には下回りの洗浄をピンポイントで濯げたり、ルーフも同様に脚立を使わなくてもしっかりと濯げる状態になっています。

角度がつけれることでピンポイントで散水しやすい
角度がつけれることでピンポイントで散水しやすい
テールウォーカー

確実に濯ぐなら脚立を使って視界を確保してからの方が間違いありませんが、このピンポイントに散水できることで脚立の移動が少し減るかもしれませんね。

神風コレクションが好きな人におすすめ

メリット
デメリット
  • デザインがカッコ良い
  • 神風コレクションのファンには嬉しい
  • サイズ感が秀逸
  • トリガーが使いやすい
  • 価格が高い
  • シャワーヘッドが大きい
  • 要所要所のクオリティが気になる

デザインは神風コレクションが好きな人であれば、間違いなく満足する製品だと思いますし、ノベルティグッズとしては嬉しい人も多いですね。

ただ、本音で言うならば【葉隠ノズル】は『惜しい』といった感じを受けました。ヘッドサイズ以外の不満はありません。

好みで言うならばもう少し尖りが欲しかったかな。私は洗車のときにシャワーしか使わないので、余計にそういう風に感じますね。

レビュー内でも触れたようにヘッドの種類がコンパクトタイプに付け替え可能だと個人的には大満足だったのですが…

テールウォーカー

あえて言うならタカギマニアの私としてはタカギとコラボして欲しかったないう風にも感じています。

そんなことを踏まえて葉隠ノズルがおすすめできる人はこちら

葉隠ノズルをおすすめできる人
  • 神風コレクションが好きな人
  • 新しいタイプの散水ノズルを使ってみたい人
  • 見た目にこだわりたい人
テールウォーカー

散水ノズルはデザイン面が素敵な製品がないので、デザイン面を大事にする人であれば嬉しい製品。

逆に向いていない人はこんな感じ

葉隠ノズルをおすすめできない人
  • コストパフォーマンスを重視する人
  • 散水ノズルを使い分ける人
  • 現状の散水ノズルで満足している人
おすすめ度
BAD
微妙
良い
神か…
GOOD!
洗車ウォーカー的 満足度
BAD
失敗
普通
最高
GOOD!
テールウォーカー

私としては、メインの散水ノズルにはなりませんが、グッズとして持っておこうかなと思っています。

まとめ 高級感あふれる散水ノズルを購入するなら葉隠ノズル

デザインはかっこよいが、もう少し尖った製品が欲しかった
まとめ
  • デザインは他のメーカーと比べてもカッコ良い
  • 長さは絶妙だが、水をかけながらの洗車はやりにくい
  • 長いからこそ散水8種類のパターンが活きる
  • ヘッドサイズは通常のサイズのため、狭い位置には入らない
  • 少し品質面が気になる
  • 神風コレクションが好きなら購入はおすすめ

基本的な性能で見たときには通常のシャワーノズルと大きな違いは感じれませんでしたが、全体的に使いやすい製品であることは間違いないですね。

あなたもカッコ良いデザインの葉隠シャワーノズルを使って楽しい洗車ライフを過ごしませんか?

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる