【高圧洗浄機の洗車用ホース】取り回し抜群!ケルヒャーK5のホースを変更するならこれで決まり!

記事概要

こちらの記事では、高圧洗浄機の部品を販売している【ホース屋】さんから、高圧洗浄機のホースで【洗車用】に作られたホースのレビューをしています。

特徴として

  • 従来の柔らかいホースより、さらに取り回しの良さがUP
  • ホースの軽量化
  • ホースが細い

こちらの【ホース屋 洗車用高圧洗浄機ホース】についてレビューしていきます。

使いやすさが更にUP!

こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

高圧洗浄機といえば、ケルヒャー が一番有名ですが、ケルヒャー には物凄い弱点が存在します。

それが固くて癖のあるホースです。

ねじれまくるホース
ねじれまくっているホース 取り回しもめちゃくちゃ大変

ねじれまくり、ひねくれまくりを解決してくれるのが、社外品のホース。

そんな中でも有名なのが【ホース屋】【トータルメンテ】という高圧洗浄機に関する部品を販売している会社になります。

この二大メーカーの製品を使用していれば、ケルヒャーなどの高圧洗浄機の使いにくさが解消されて、非常に快適な洗車ライフを過ごせるのは洗車マニアであれば有名な話。

私もこの二社の製品を使っており、非常にお世話になっています。

どちらも使いやすく、便利な製品ではあるのですが【ホース屋】さんから更に便利な高圧洗浄機のホースが販売されました。

それが【ライトグレーホース】ケルヒャークイックコネクト対応 K2、K3、K4、K5等対応互換 10M〜50M [L03-KQ]

ホース屋の洗車向けホース
従来の製品より、軽量化された洗車向けの高圧洗浄機ホース
テールウォーカー

この製品の説明文には詳しく記載されていませんが、洗車向けホースとして開発された製品らしく、実際に使ってみると洗車においては、より作業性をUPさせてくれる製品です。

私はケルヒャー の【K5サイレント】をメインにて使用しているので、K5専用品である【K5専用・ライトグレーホース】15M ガン側スイベル(より戻し)付き [L03-KQ-K5]を使用していますが、製品的には一緒の製品になります

今回はそんな洗車向けの高圧洗浄機ホースをレビューしていきます。

こちらの製品は提供していただいております。

タップできる目次
この記事の著者
テールウォーカー

カーディティラー&洗車メディア
テールウォーカー
tailwalker

洗車向け高圧洗浄機ホースの製品特徴

製品特徴
  • 軽量な樹脂製ホースで、ねじれない
  • 国内ホースメーカーに特注したオリジナルの家庭用洗浄機用ホース
  • 樹脂製のホースですが、純正ホースに比べて柔軟で捻れにくくなっているため作業性が良い
  • 一般的な樹脂ホースだと、曲げた際にホースが折れて穴が開いてしまうことがあるが、折り曲げ性能が高いので、おもいっきり曲げても簡単には折れ曲がらない
  • コンクリートなどで引きずったり車に擦ったりしても、跡がつきにづらい洗車に最適なホース

ホーススペックとしては下記になります。

常用圧力10.0Mpa
耐熱温度40℃
重量68g/m
ホース内径5.0mm
ホース外径10.5mm
洗車向けホース性能

ホースの性能がこれだけだと分かりにくいと思うので、ホース屋さんの柔らかいホースと更に比較していきます。

ホース性能洗車向けホース柔らかいホース
常用圧力10.0Mpa21.0Mpa
耐熱温度40℃80℃
重量68g/m195g/m
ホース内径5.0mm6.3mm
ホース外径10.5mm12.5mm
比較
テールウォーカー

本当はケルヒャーの純正ホーススペックとも比較したかったのですが、ケルヒャーのスペック表が見つからず…

洗車向けホースに関して言えるのは『お湯を使わないでね』ということと、ホースが細くなっていることから、ホース重量が1/3程度まで軽量化されているということ。

常用圧力に関してはケルヒャーK5でも【8Mpa】なので基本気にしないで問題ありません。

テールウォーカー

取り回しの良さと使い心地のバランスをとったのかな?確かに家庭用高圧洗浄機にとって【従来の柔らかい】ホースはオーバースペック。

洗車向け高圧洗浄機ホースのレビュー

ホーススペック以外に関しては、以前に紹介している【ケルヒャーの柔らかいホース】3倍ケルヒャーが使いやすくなるホースと同じ内容ですのでそちらをご覧ください。

テールウォーカー

今回はホースの違いをレビューしていく感じになります。

洗車用ホース
長さ15mのホース
ホース太さ比較
従来の柔らかいホースと比較すると、ホース外径10.5mmと12.5mmで微妙に細い
ホースのしなやかさはこの段階だと差は感じない
最初触った段階では、従来の柔らかいホースの方が重さがあるぶん、しなやかさは従来の方があるように感じる
ホースのしなやかさ不安
巻きぐせが少し気になる…
ホースしなやかさ不安
ホースばらしてると、少し不安になってくる…
テールウォーカー

実際に使うと全く問題ないのですが、正直最初はめっちゃ不安でした 笑

ホースを取り付けしていきます
ホース巻きつけた状態
15m巻いてもホースリールに余裕がある
前に取り付けしていたトータルメンテ15mのホース だいぶキツキツ

比較してみるとこんな感じ。

同じ15mだが、洗車用ホースだと余裕があるのが分かります

15mを収納してキツキツだと、収納がストレスになることはありますが、洗車用ホースなら微妙に細いぶん、ストレスなくキレイに収納できるのは嬉しいポイント♪

テールウォーカー

ちなみに話はそれますが、ケルヒャーのK5の黄色いカバーを外すと、良い感じにかっこいいです 笑

ホースのしなやかさはこの段階だと差は感じない
グレーのホースと良い感じでかっこいい

ちなみに黄色い部分は爪でハマっているだけなので、簡単に外れます。

話がそれました…何よりもこのホースの特徴的なのが【ホースの軽量化】【ホースが細い】ということ。

ホースが軽いことによって、取り回しのレベルは格段に良くなっていますし、個人的に嬉しいのが、移動しながらホースをそ引っ張れるということ。

ホースの抵抗が少ないため、引っ張れる
通常のホースなどで移動しながらホースを引っ張ると高圧洗浄機が転倒する

通常であれば、ホースリールから引き出したいホースの長さを引っ張ってから作業する必要性がありますが、ホースの抵抗が減ったことで、そのまま移動しながらホースを引き出せるのは大きなメリット。

テールウォーカー

とは言っても慎重にやらないと高圧洗浄機が倒れるリスクはあるので、注意!

ホースが細くなったことで、作業性は格段に上がるね。めちゃくちゃ軽いし、思った以上にクセにならない。

従来の柔らかいホースでも、めちゃくちゃ作業性が上がっていたのに、ホースの取り回しが更によくなっています。

ホースの軽量化とホースが細くなることで、こんなに効果が高いか?と感じるレベル。

ホースのしなやかさはやばい
変に巻きつけても全然クセにならないで、すんなり戻る
テールウォーカー

ホース細くなったことで、良い意味でホースが頑張らないのでクセになりにくい。

【洗車用ホース】を実際に使っていきますが、ここで注意点が一つ。

このホースの使用はケルヒャーの純正ガンでの使用が前提となっていますが、私は社外ガンを使っていますのでアタッチメントを変更して取り付けしてします。

15mの長さでもホースリールに余裕がある
使用するのは社外ガン
ガン取り付け
ワンタッチカプラーに変更

洗車マニアでこだわっている人だと、社外ガンを使用している人が多いと思っており、設定としてワンタッチカプラーの設定を選べて購入できないのは残念なポイント…だったのですが、今後、国内使用1/4のワンタッチカプラーの設定も増やしてくれるらしいです。

テールウォーカー

洗車マニアには嬉しい情報♪

まずは水量がどんなものなのか確認します。

水量的には一緒
テールウォーカー

流量的には以前使っていた従来のホースと同じ水量。

流量が変わっていないことを確認してからとりあえず噴射してみました。

水圧は少し弱い
ホースが細くなった影響で、多少弱くなったように感じる
フォームガンも問題なく使用可能
フォームガンに関してはほとんど違いは気にならないレベル

実際に噴射してみて感じたのは、多少弱くなったけど、問題ないレベル。

通常時の高圧噴射の時は悪く言えば【弱くなった】だけど、良く言えば噴射が【シャープ】になったと感じています。

そもそも高圧洗浄機には何もかも吹き飛ばすパワーは求めてませんし、ある程度のパワーがあれば問題ないので、洗車においてはデメリットに感じないかな〜。

テールウォーカー

他の人のレビューも見てみましたが、全く変わらないと言っている人もいるので、K5においては気にしなくても大丈夫そうですね。

フォームガン使用時においては、全く気にならないどころか、むしろ良くなったように感じます。

以前の柔らかいホースだと、パワーが上がって少し飛び散り気味の泡になっていましたが、ホースを変更してからは少し【モタッ】とした泡になっている感じがしています。

個人的にはこちらの方が好み♪

従来のホースと比較するとパワーは微妙に下がるものの、使用感はほぼ変わらない

今回のホースを実際に試してみて感じたことは、文字通り【洗車用】として開発したんだろうな〜と言った感じ。

高圧洗浄機の使用ってどちらかと言うと清掃系がメインですよね。そのため洗車用のグッズがあっても、大味で微妙な製品が多く、正直心惹かれる製品は少ないです。

ホースにおいても汎用性を高くしていることで、どの製品にでも対応できる形にしている製品が多く、家庭用高圧洗浄機においてはオーバースペックであると言えます。

今回【ホース屋】で開発した高圧洗浄機のホースは家庭用高圧洗浄機のスペックにしっかりアジャストしており、使いやすいの一言に着きます。

ホースの耐久性を家庭用高圧洗浄機の性能に合わせて最適化⇨ホースの軽量化&細くしたことにより、取り回しの良さが格段にUP!

テールウォーカー

取り回しにおいて軽さは正義!だけど噴射圧力は影響を与えないようにちょうど良いところを探った感じかな。

高圧洗浄機の使用勝手をあげたい人におすすめ

メリット
デメリット
  • 取り回しの良さが高圧洗浄機のホースの中でも最高!
  • ホースが折れない
  • 社外品のため、別途購入必要

間違いなく言えることは、ケルヒャーの純正ホースが折れてしまう、ねじれまくって困っていると言う人には、間違いなくおすすめ!

ケルヒャー純正ガンを使用するならスイベルが付いていることもあり、最適解だと思います。

ただ社外ガンとホースをセットで欲しい場合には、ホース屋さんで購入するときに分かりにくいので、この辺に関してはトータルメンテさん製品の方が購入しやすいかもしれません(トータルメンテさんで購入する場合は、従来の柔らかいホースになります)

テールウォーカー

この辺のセットもホース屋さんのホームページ内で用意してくれると嬉しいですね♪

まとめ 取り回し最高の高圧洗浄機ホース

取り回しが最高…!
まとめ
  • 洗車用に開発された高圧洗浄機用ホース
  • 家庭用洗浄機に合わせたスペック
  • 従来の柔らかいホースより、取り回しが良い
  • ホース系は細くなるが、使用感は大きく変わらない
  • 今後、ワンタッチカプラーに対応したバージョンも作ってくれるらしい

正直、使って見るまえは『あまり変わらないだろうな〜』と思っていましたが、使ってみたら思った以上に良い製品。

私の洗車環境もバージョンアップすることができて、理想の環境にまた一つ近づくことができました。

少しでも高圧洗浄機の使用勝手を上げたい人なら、本当におすすめできる製品です。

あなたもホース屋さんの洗車用高圧洗浄機ホースを使って、楽しい洗車ライフを過ごしませんか?

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

ケルヒャーに関する記事
ケルヒャーに関する記事
ケルヒャーに関する記事
ケルヒャーに関する記事
ケルヒャーに関する記事
ケルヒャーに関する記事
ケルヒャーに関する記事
よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる