【クオリティが高い!】ジェネシス マジックタオル レビュー!使い勝手の良い洗車大判タオル

2020 3/11
【クオリティが高い!】ジェネシス マジックタオル レビュー!使い勝手の良い洗車大判タオル
こちらの記事概要

こちらの記事ではカーファクトリーアンサーの洗車を素早く終わらせるクロス【GENESIS MAGIC TOWEL】のレビュー記事になります。
洗車を素早く終わらせる大判クロスで最近のディテイリングには欠かせないツールです。
大判クロスは吸水性も高いのが特徴で、洗車も半分ぐらいのスピードで洗車を終わらせてくれる素敵な性能。
マジックタオルは従来の大判クロスと比べるとコンパクトで取り回しが良く、品質も高めのクロスになります。
マジックタオルがあるだけで洗車効率がアップするクロス【ジェネシス マジックタオル】を紹介します。

今や洗車の必需品♪
自分のサムネ

 

こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

洗車って冬は寒くて大変だし、夏は水を早く拭き上げないとシミになってしまって大変…

夏なんかは夕方に洗車すれば問題ないが、蚊に刺されまくったりしてイライラしたことありませんか?

通常であれば急いで洗車を行うことで上記のような状態を避けて洗車を早く終わらせたいですよね?

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
個人的には普段の洗車はできるだけスピーディーに作業を終わらせたい派です♪

 

ただ急いで洗車をしてしまうと

  • 急いで洗車をすることで洗車傷を入れる。
  • 拭き取りが甘く汚れが残っている。
  • 水分が拭き取りきれない。

なんて経験をしたことがあると思います。

急いで洗車をしてキズを入れるのってある意味不毛ですよね?

 

それだったら、ゆっくりやっても確実に拭き取れる洗車方法があったら素晴らしいと思いませんか?

そんな時に便利なのはカーファクトリーアンサー【GENESIS MAGIC TOWEL(ジェネシス マジックタオル)

GENESIS MAGIC TOWEL

大判クロスとしてはコンパクトなサイズになるのですが、吸水性は抜群で一つのクロスで基本的には水分をキレイに拭き上げることのできる良製品です。

大判クロスは2種類のタイプがあって『吸水性にこだわるタイプ』と『ソフトタッチタイプ』に分かれると思っていて【マジックタオル】はどちらかと言うと、吸水性にこだわるタイプになります。

基本的には好みで使いわけでOKです。

余程、変な使い方をしない限り、著しくキズは入りません。

 

マジックタオル】は洗車時間を半分ぐらいにしてくれる便利ツールで大判クロスですので他の製品との違いも紹介しながらレビューしていきますね♪

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
大判クロスを使ったことがない人にはぜひ使って欲しいツール!
GENESIS MAGIC TOWEL 大判タイプ(両面仕様)スピーディーな洗車をアナタに
タップできる目次

GENESIS MAGIC TOWELは洗車を素早く終わらすクロス

マジックタオル

メーカー カーファクトリーアンサー
製品名 GENESIS MAGIC TOWEL(ジェネシス マジックタオル)
サイズ 45cm×75cm
特徴1 両面とも使用できて厚みがある
特徴2 フチなしタイプの為、キズの軽減にも
特徴3 抜群の吸水性

マジックタオルの特徴

マジックタオルはポリマーコートの性能を活かしながらガラスコーティングと遜色のないレベルで使えるように工夫しているメーカー『カーファクトリーアンサー』の製品になります。

マジックタオルの特徴としての最大のメリットは『洗車が短時間で終わる』ということ。

マジックタオルは両面を縫い合わせることで、高い吸水性とクッション性をもたらしています。

それと同時にフチなしにすることで、キズの軽減を実現している製品。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
ずっと大判クロスを使って洗車していますが、もう大判クロスなしでは洗車をしたくないと思えるほど洗車を楽にしてくれるツールです♪

マジックタオルのクロス面

マジックタオル

見た感じは『シルクドライヤー』と同じような感じです。

シルクドライヤーは片面にしか毛がありませんが『マジックタオル』は両面使えるタイプになっています。

キズが入りそうで怖いという声もいただくのですが、使い方次第でかなり変わります。

乾拭きをする場合はキズを入れる可能性はありますが吸水クロスとしての使い方で使う分にはなんの問題もありません。

自分のクルマの洗車にも使用していますが、著しく傷が入ったと感じる経験はありません。

キズなし

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
自分は人より洗車の回数が非常に多いですが、特に洗車傷が多いわけではありません。

通常の洗車と一緒で何を使うのか大事というわけではなく、どういう使い方をする方が大事です。

マジックタオルのサイズ

シルクドライヤーと比較してみました。

  • シルクドライヤー⇨70cm×90cm
  • マジックタオル⇨45cm×75cm

写真で見るとシルクドライヤーの半分ぐらいのサイズ感になりますがシルクドライヤーは裏面が使えないので実際の吸水面はほぼ変わりません。

シルクドライヤーを実際に使う時は折りたたんで使うことが多いですが、マジックタオルだとわざわざ折りたたむ手間がないのはGOOD!

他の大判クロスの比較一覧

製品名 サイズ 吸水性 触り心地 備考
シルクドライヤーシルクドライヤー 70cm×90cm 吸水性◎ 少し固め
使い方が大事
普通に使えばキズは気にならない
大判クロスの王道
ソフトドライヤー
表面はふかふか
60cm×80cm 吸水性○ ソフト シルクドライヤーが苦手な人に
デラックスフラッフィ
60cm×90cm 吸水性○ ソフト バランスの良い製品
マジックタオル
GENESIS MAGIC TOWEL
45cm×75cm 吸水性◎ 少し固め
使い方が大事
普通に使えばキズは気にならない
コンパクトな為取り回しが非常に良い

 

GENESIS MAGIC TOWELのレビュー

滑らすだけで簡単吸水できる(動画あり)

拭き上げ前 拭き上げ後

拭き上げ前

拭き上げ後

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
ただ滑らすだけでキレイに拭き取れますので、洗車をスピーディーに終わらしてくれる素敵なツールですね♪

 

動画での拭き取りもあります。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
良い感じに拭き取りが出来ます♪ 

 

水の掛け方で拭き取りの効率が変わる

通常の洗車の水滴 水の掛け方で水滴変わる

上記の2枚は洗車時の水の掛け方で水滴の残りかたが全然違います。

やり方は簡単で水を塊でかけるようにすればいいだけ。

水を塊でかける

水を塊でかける

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
特に難しくない作業ですね。

高圧洗浄機だとこういう洗車方法は難しいので通常の水の掛け方をするだけでだいぶ変わります。

詳しくはひと工夫するだけで拭き上げなくても、水をボディに残さない洗車方法をご覧ください。

沢山水滴が残っている場合は大きなクルマになるほど大判クロス1枚で拭き取るのが難しくなってきますので水の掛け方を意識するとクオリティアップに繋がりますね♪

窓ガラスから拭き取るのがおすすめ

窓ガラス拭き取り

マジックタオルは吸水性が良い反面、少し生地が固めなのが特徴なのですがキズを入れそうで怖いという人がいます。(普通の使い方をしていればキズは入りません)

ある程度水を吸い込むと吸水した分、生地が柔らかくなるのでキズを入れるリスクが減ります。(クロスのあたりがソフトになる)

水滴はガラスで乾いてしまうとめんどくさいので、最初の拭き取ることでウロコになるリスクを減らしクロス自体に多少の水分を含ませられます。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
その後の拭き取りがしやすくなりますし、青空洗車する場合は窓ガラスが一番気をつけるポイントだと思っているので意識してみてください♪
GENESIS MAGIC TOWEL 大判タイプ(両面仕様)スピーディーな洗車をアナタに

操作性が良く拭き取りやすい

個人的に大判クロスは拭き取りツールではなく、吸水ツールという認識。

基本的にクルマに使うクロスはフカフカのタイプが好まれますが、個人的には大判クロスに求めるのは大半の水を吸水できるということ。

軽く滑らすだけならキズは入りにくいので、触り心地よりも吸水性が良い方が個人的には好み。

洗車時間の短縮することで疲労軽減

シャンプー泡

洗車って結構重労働だったりしませんか?

脚立を使って何回も昇り降り、体全体を使っての洗車、何回もクロスを絞って拭き上げるの繰り返し…

数台洗車するだけで結構疲れるんですよね…

ただマジックタオルのようなクロスを持っていると洗車自体が半分くらいで済むので、その分疲労軽減できるのは大きなメリット。

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
洗車の時短には欠かせないっ!

絞るのは諦めた方が良い

クロスのサイズが非常に大きいので常人ではクロスを絞るというのは難しいです。

基本的に大きなクルマでも1台は拭き取れますが、連続で使いたい場合は数枚揃えるか拭き取り後、洗濯機にて脱水するのが一番良いかと思われます。

理想は二槽式洗濯機。今はあまりありませんが少ない時間で洗濯や脱水できるのは本当に便利♪

テールウォーカーのアイコン画像テールウォーカー
デメリットいうデメリットはありませんが、あえていうなら洗濯が大変ということでしょうか 笑

洗車時にしっかり砂埃は除去しよう

マジックタオルのようなクロスは洗車スピードが速い反面、やはり汚れの引きずりは怖いところ。

なので洗車時にしっかりと洗い残しのないように洗車をすればOK。

素早くというよりは確実に丁寧な洗車をすれば基本的に問題ありません。

多少の洗い残しがあったとしても、よほど大きい砂利とかでなければそんなに神経質にならなくて大丈夫です。

GENESIS MAGIC TOWEL 大判タイプ(両面仕様)スピーディーな洗車をアナタに

GENESIS MAGIC TOWELのまとめ

  • 洗車を素早く終わらせることができる。
  • 一回も絞らずに洗車を終わらせることができる。
  • 洗車が早く終わるので、体力の消耗を抑えられる。
  • 洗車時の水の掛け方で水滴を減らすことができる。
  • 絞るのは諦めた方が良い(唯一のデメリット)

マジックタオルは絞れない、洗濯がめんどくさいと言うぐらいしかデメリットはありません。

むしろデメリット以上に便利すぎて手放せません 笑

マジックタオルは大判クロスを使ったことがない人にはぜひ使ってみて欲しいツールになるので使ったことがない人はぜひ試してみてください。

ブロワーと併用すると更に洗車が楽しくなるのでおすすめです。

詳しくはブロワーを使った洗車方法がおすすめ♪車の細部もキレイにしよう!ブロワー性能比較表付きをご覧ください。

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

GENESIS MAGIC TOWEL 大判タイプ(両面仕様)スピーディーな洗車をアナタに
あわせて読みたい
爆風爆音!100V最強ブロワーBOSCH(ボッシュ)『GBL800E』
爆風爆音!100V最強ブロワーBOSCH(ボッシュ)『GBL800E』今回はBOSCH(ボッシュ)のブロワー『GBL800E』を紹介していきます。洗車を効率よく行うために必須道具の一つであるブロワーかなり数があるブロワーの中で正直どれが良...
あわせて読みたい
洗車時にブロワーが使いやすい理想的なバランス!マキタの『MUB400』
洗車時にブロワーが使いやすい理想的なバランス!マキタの『MUB400』今回の記事はマキタのブロワー『MUB400』を紹介していきます。洗車の時に必要なブロワーですが、正直どれを使っていいか分かりませんよね^^;なので今回は個人的な好みで...
あわせて読みたい
洗車時間の短縮や効率UPに最適 GYEON(ジーオン)シルクドライヤー 冬の寒さや夏の暑さにも最適
洗車時間の短縮や効率UPに最適 GYEON(ジーオン)シルクドライヤー 冬の寒さや夏の暑さにも最適今回は洗車を早く終わらせるためのクロス『GYEON(ジーオン)シルクドライヤー』を紹介します。 意外と洗車って時間がかかりますよね?そんな時に今まではブロワー...
あわせて読みたい
『デラックス フラッフィー』洗車を素早く終わらすクロス オートブライトダイレクト
『デラックス フラッフィー』洗車を素早く終わらすクロス オートブライトダイレクト 今回はオートブライトダイレクトの大判クロスのレビュー記事になります。 こんにちは洗車マニアのテールウォーカー@tailwalker020です。 結構好みの分...
あわせて読みたい
タカギの洗車用散水ノズル パチットプログリップ『スクラブシャワー』『ガーデンシャワー』
タカギの洗車用散水ノズル パチットプログリップ『スクラブシャワー』『ガーデンシャワー』こちらの記事概要こちらの記事ではタカギのハイグレードモデルであるプログリップシリーズを紹介していきます。・洗車用の【スクラブシャワー】・大流量タイプの【ガー...
あわせて読みたい
ドアのヒンジの狭い場所の洗車にぴったりのコンパクトシャワーヘッド QG138AK
ドアのヒンジの狭い場所の洗車にぴったりのコンパクトシャワーヘッド QG138AK今回はシャワーのガンをコンパクトに変えることで、狭い隙間でもピンポイントで洗車をできる『タカギ コンパクトシャワーヘッド QG138AK』を紹介していきます。車の洗...
あわせて読みたい
洗車のホースリールに迷ったらタカギの『nano next(ナノネクスト)』がおすすめ!
洗車のホースリールに迷ったらタカギの『nano next(ナノネクスト)』がおすすめ! 今回は洗車のホースリールでこれいいな〜と思っていたのを見つけたので記事にしました。 こんにちはテールウォーカー@tailwalker020です。 洗車のホー...

この記事を書いた人

自称天然ワックス伝道師で洗車、工具マニアです♪
洗車・コーティングは分かりにくいことが多いので、少しでも分かりやすいように発信中
クルマは『キレイにするのが最高のカスタム』
車好きの人にお得になってもらえるようなブログを目指してます!
最近は検証依頼を受けることがあります。
検証・レビュー依頼、質問などはお問い合わせより気軽にご連絡ください^^

タップできる目次
閉じる