【クオリティ向上】コードレスブロワーを使うことで洗車が簡単に!コードレスの魅力に迫る

Abeden ブロワー
記事概要

こちらの記事ではコードレスブロワーの良さを紹介する記事になっています。
・コード付きとコードレスタイプのブロワーの違い
・コードレスブロワーの製品一覧表
・各メーカーの特徴
上記を中心に紹介していきます。
青空洗車環境の人には非常にオススメできる製品になっています。
コードがないことによって手早くツールを用意することで、水を乾かしてしまうリスクを減らすことも可能ですね♪

コードレスは本当に良い♪

こんにちは電動工具大好きテールウォーカー@tailwalker020です。

今回は洗車のクオリティを上げるツール【ブロワー】の紹介をします。

洗車で使うブロワーってなんだ?ってなった時に使う用途がエアブローで水を吹き飛ばすということ。

通常であればエアーコンプレッサーなどが必要で金額的にも場所的にも準備するのが大変です…

ただブロワーであれば電源さえ確保できれば、簡単にエアブローを行うことが可能になります。

GBL800E
テールウォーカー

上記の画像は従来のコードタイプになります。

ブロワーの基本が詳しく知りたい人はブロワーを使った洗車方法がおすすめ♪車の細部もキレイにしよう!ブロワー性能比較表付きをご覧ください。

非常に便利なブロワーなのですが、人によっては洗車環境に電源がない人もいると思いますし、延長コードとかを準備するのが『めんどくさい』って思う人も多いと思います。

そこで今回おすすめしたいのが【コードレスブロワー】です。

Abeden ブロワー
こちらの製品は提供していただいております

コードレスブロワーは文字通り、電源コードがないので取り回しが非常に楽ですし電源コードがうっかりボディに当たることもありません。

まあそんなこと知ってるしと思いながら使ってみたら、あまりの便利さに驚きました…

テールウォーカー

マジでコードレスって便利だな…と強く噛みしめましたよ 笑

今回は使ってみるとメリットだらけの【コードレスブロワー】の魅力を思う存分紹介していこうと思います。

コードレスブロワーを使うと洗車のクオリティUPしますし、コード付きには戻れないかも?

タップできる目次
この記事の著者
テールウォーカー

カーディティラー&洗車メディア
テールウォーカー
tailwalker

コードレスブロワーは洗車に最適

今回紹介する実機は【Abeden HY-8010】

メーカー名Abeden(アベデン)
製品名HY- 8010
風量2.6m3/min
集塵機能(掃除機)掃除機としても使用可能
バッテリーの持ち約12分くらい(3000mAhの場合、画像でついているのは6000mAh)
特徴マキタと互換性ありの為、バッテリーなどをそのまま使える
Abeden ブロワー
ブロワー掃除機部分
掃除機としても使える
テールウォーカー

上記のように付け替えるだけで掃除機としても使える。(掃除機としての機能は期待しない方が良い)

トリガー部分
ブロワーのバッテリー部分
テールウォーカー
電源がコードからバッテリーになっていますね。
ブロワーで水飛ばし
ブロワーで水飛ばしした後
テールウォーカー

使用感もコード付きと比べても違和感なし♪かなり良い感じ!

製品としては電源コードがなくなっているだけでほとんど違いはありません。

マキタ製品と互換性がある為、元々マキタの18Vシリーズを使っている方にとってはコストパフォーマンスが非常に高い製品の一つだと思います。

Abedenでもバッテリーを取り扱っているので、マキタ製品が高いと思う人はAbedenで購入するのもありですね。

ほとんど違いを感じないと言っているレビューをしている人も多いので安心して使えると思います。

【アベデン株式会社】と【Abeden工具専門店】とは関係ないようなのでお問い合わせはお控えください。

コードレスブロワーの特徴

バッテリーで稼働しているのでコードがないのは当然なのですが、他にも特徴があると思ったのが

  • ロックスイッチがない(なくてもあまり違和感ない)
  • ブラシレスの製品がほとんど?

トリガーを握りっぱなしにしなくても稼働できるロックスイッチはあるに越したことはありませんが、正直なくても良いかな?

理由はシンプルで洗車時に長い時間エアブローをすることがないんですよね。

私の場合大判タオルなどで一気に水分を拭き取ってしまうので残りの細かい場所をブローするだけです。

イメージ的にはこんな感じ

大判タオル拭き取り
大判タオル拭き取り
拭き取り後ブロワー

大判タオルで素早く拭き上げ、残りの細かいところをブローするのが早いですし、水を乾かすリスク、洗車のクオリティ向上に繋がります。

ちなみに大判クロスのおすすめは『シルクドライヤー』『マジックタオル

なので、大判クロスがあればブロワーのトリガーのロックスイッチがなくても問題ありません。

洗車後の水分を全部エアブローしようと思ったら普通に時間かかりすぎて、シミできます 笑

あとはブラシレスの製品が多いと言いましたがブラシレスモーターってイマイチ分からないですよね?

簡単にいうと通常はブラシレスモーターは構造がシンプルになったことで、モータートラブルの減少や安定したトルクを引き出すことが可能になったと思ってもらえば良いと思います。

テールウォーカー

性能UPしてるって認識でOK!

テールウォーカー

動画もありますのでイメージが膨らめば幸いです♪

ブロワーとコードレスブロワーの比較

コードありブロワーの特徴
コードレスブロワーの特徴
  • 100V電源
  • 価格が安い
  • コードがあることによって取り回しが大変
  • 長時間使用するときはコードありの方が良い
  • 洗車で使うときはコンセントの位置に注意が必要
  • 延長コードなどの準備がめんどくさい
  • バッテリータイプ(だいたい15分程度使用可能)
  • 価格が高い(特にバッテリー)
  • サッと少し使いたい時には便利
  • コードレスのため、洗車する時にも漏電の心配が少ない
  • バッテリーさえ充電しておけば容易に使える
テールウォーカー

使いたい状態に応じて使い分けるのがベスト!洗車においてはコードレスブロワーはバッテリーの充電忘れさえしなければめっちゃ良い♪

各メーカーのコードレスブロワー紹介

各メーカースペック一覧表

スペック一覧 風量 風速 風量調整 使用可能時間 重さ(バッテリーなし) 備考
Abeden
HY-8010
Abeden ブロワー
0~2.6㎥/分 80m/分 × 約12分
(バッテー3000m Ahの場合)
1.21kg マキタのバッテー互換あるのでマキタ18Vバッテリ使用可能
マキタ
UB182DZ
マキタ ブロワー
0~2.6㎥/分 80m/分 3段階あり 強 約12分
中 約25分
弱 約75分
(バッテー3000m Ahの場合)
1.6kg マキタの18Vシリーズのバッテリー使用可能
ボッシュ
GBL18V-120H
ボッシュブロワー
0~2.0㎥/分 75m/分 2段回あり 高速 5分
低速 9分
1.1kg ボッシュの18Vシリーズの大容量バッテリーの入手は難しい
KIMO
QM-4A6001
KIMO ブロワー
0~2.6㎥/分 80m/分 × 約30分 1.6kg 唯一の20V
スペックの正しい情報は記載ないので参考までに

 Abeden HY-8010

Abeden ブロワー

Abedenのブロワーは最初に説明した通りなのですが、ここではプラスαの説明をしますね。

上記の表の中で紹介した中で一番コストパフォーマンスが高いのが【Abeden HY-8010】です。

価格はもちろんですが、スペック的にもコードレスブロワーの中ではトップレベルに近いですね。

表の中で紹介しているブロワーの中でいくと

  • コストパフォーマンス
  • 互換性

上記の2点に優れている製品ですね。

HY-8010はマキタとバッテリーの互換性が一緒なので、マキタ製品を使っている人やマキタの道具をこれから購入しようとしている人におすすめできる製品。

上記の表ではバッテリーの持ちは『約12分(3000mAh)』となってますがAbedenの取り扱いの中に6000mAhのバッテリーが売っていますので、それを付ければ倍の『約24分』使えることになります。

なので複数バッテリーを所持しておきたい人は結果的に一番安く購入できるようになっています。

個人的に少しめんどくさいなと思ったのはセットで【ブロワー】【充電器】【バッテリ】を購入できないことですかね。

テールウォーカー

一緒に買うときは忘れ防止でお願いします♪

マキタ UB182DZ

マキタ ブロワー

電動工具の王道といえばマキタになりますね。

マキタで買っとけば間違いないです。

  • 安心安全のブランド
  • パワー

上記の2点が特徴。

電動工具で元々マキタを使用している人にはこちらの【UB182DZ】が間違いないです。

安心、安全、マキタブランドを使いたい言う方におすすめ。

マキタ 18V充電式ブロワ UB182DZ(本体のみ) + バッテリBL1860 + 充電器 セット

ボッシュ GBL 18V-120 Professional

ボッシュブロワー

GBL 18V-120 Professionalは、スピーディーな吹き飛ばしができる18Vシリーズのコードレスブロワです。

風速が270km/hに達し、非常にパワフルなため、広いエリアの吹き飛ばしに最適。

さらに、コンパクトでバランスのとれたデザインを採用し、扱いやすく、優れた操作性を発揮します。

テールウォーカー

風速が270km/hって凄いパワーワード…一回使ってみたいっ…!

  • 最軽量
  • 見た目GOOD!

ボッシュのコードレスブロワーに関しては性能よりも人とかぶらないオンリーワン的な製品ですね。

電源コード付きの【GBL800E】は個人的に大好きなのですが、コードレスブロワーにおいてはバッテリーの入手のしやすさなど難点があります。

気になる方はこちらの動画をどうぞ

テールウォーカー

これが一番詳しく情報が乗っていそうです。

KIMO QM-4A6001

KIMO ブロワー

Abedenと並んでコストパフォーマンスが高いのが【KIMO QM-4A6001】です。

こちらの製品はセットで販売してくれているので購入しやすいです。

パワーとしても申し分なしで『20Vの4000mAh』のバッテリーがついており連続運転時間も30分と長い。

  • コストパフォーマンス
  • 紹介したブロワーの中で一番バッテリー持ちがする製品

コードレスブロワーとしてはトータル的に優れているかな。

ただ予備のバッテリーを購入すると価格が少し高めになってしまうのと、他の電動工具をKIMOで揃えている人も少ないと思うので、バッテリーを有効活用できないのはもったいないと思ってしまいますね。

特にマキタとかの製品を使う予定などないなら、KIMOを使って見るのもGOODです♪

コードレスブロワーのまとめ

コードレスブロワーは洗車を超快適にしてくれる製品
まとめ
  • コードレスブロワーは洗車時に大活躍
  • 電源がなくてもでサッと使えるのは魅力的
  • 大判タオルと併用することで作業効率UP
  • 従来の電源タイプと比べると割高
  • スペックに大きな差はない
  • コスパを選ぶなら【Abeden】【KIMO】の2択

コードレス製品も色々ありますが、コードレスブロワーは洗車との相性がピッタシなので是非試して欲しい製品になります。

自分の洗車スタイルに合う方でブロワーを選んで使ってみてください。

洗車環境が悪い人ほど重宝する製品になります。

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

よかったらシェアしてね!
タップできる目次
閉じる