コーティングレビュー

怪しい?胡散臭い?コーティング『スパシャン 』をレビュー!使い方や良い所 悪い所も解説します

スパシャン

 

今回はスパシャンのレビュー記事を紹介します。

こんにちはコーティングマニアのテールウォーカー@tailwalker020です。

 

ここ何年かで知名度が上がった『スパシャン

使い方は撥水シャンプーと同じように使うだけでガラスコーティングと同じ効果を保てるという優れものということらしい…

正直、名前はよく聞いていたが興味のカケラもありませんでした 笑

テールウォーカー
テールウォーカー
理由としてはシンプルに『胡散臭い』『怪しい』これにつきます 笑

 

とは言え洗車ブログをしていく中で『レビューして欲しい』との声も多くTW(テールウォーカー)なりに『スパシャン』を使ってみて思ったことを書いていこうと思います^^

 

今回レビューするのは『スパシャン2019』最新版の商品になります。

 

 

スパシャンとは輸入車専門店発信のコーティング

スパシャン

 

スパシャンは輸入専門店『スーパースポーツコレクション』が開発したカー用品の事を『SPASHAN(スパシャン )』と呼ぶようですね。

スーパースポーツコレクションではフェラーリ、ポルシェ、ベントレーなどの高級車を多く取り扱っているようで、サイトを見ると素敵なクルマが沢山出てきます^^

 

製品として特徴的なのは『容器がボトル』ということではないでしょうか?

 

TWとしてはオシャレで面白い売り方だな〜と好感を持っています^^

他の国内メーカーは今までの既存デザインの延長でのパッケージで売っているので、カッコいいとは思えません…

そういう意味合いで言えば、スパシャンのボトルでの販売方法は所有欲を高めてくれるオシャレな製品ですね。

テールウォーカー
テールウォーカー
スパシャンのマスターショップではボトルキープというスタイルがあるようです^^  面白い 笑

 

最近ではかなりラインナップが増えてきたようで、コーティング剤の他にもクルマをキレイにするケミカル製品も増やしているようですね。

 

スパシャンは簡単施工で本物のガラスコーティング?

スパシャン
メーカースパシャン
コーティングのタイプガラスコーティング?撥水シャンプー?
用途簡易系コーティング
撥水のタイプメーカー的には拒水性(疎水的な撥水です)
特徴ツルツルの肌触 コスパが高い 作業性が良い
耐久性自分のクルマでは耐久性は皆無…

作業性の良さ

まずスパシャンの最大の特徴として、施工が非常に容易ということ

基本的に撥水シャンプーと同じように使うことでだけで本物のガラスコーティングを感じることが出来るとの謳い文句

スパシャンを使うより前に、1回洗車してから使う方が効果は間違いないと思います。

テールウォーカー
テールウォーカー
後ほど使い方は紹介しますが、作業の時短には繋がりますね^^

 

撥水を超えた拒水性?

コーティングよって保護されている

 

スパシャンとしてはスパシャン2019は撥水を超えた『拒水性』ということで謳っています。

 

拒水性とは⇨文字通り塗装が水を拒否しているような撥水をしてるように見えること

 

すでにこの段階でツッコミどころ満載…

話がかなりそれるので、あとでまとめておかしいところは突っ込んでいきますね^^;

 

基本的に疎水性の撥水をしてくれてると思えばいいです^^

TWの主観になりますが疎水性に見える撥水の中でもより弾いているようなイメージ。

テールウォーカー
テールウォーカー
ツッコミどころ満載なのですが、拒水性っていうワードをチョイスする考え方は好き 笑

 

雨の日は汚れを落としてくれる?

スパシャン製品は公式サイトで見ても詳しい記載がないのでユーチューブの公式チャンネルを見た方が、どういう製品か伝わってきます。

TWもスパシャン製品を調べたときはユーチューブを見ながら調べました。

その中で、『雨の日は汚れが落ちる。雨は大歓迎です!』のように言っていました。

テールウォーカー
テールウォーカー
TWの主観になってしまいますが、雨が降ったからと言ってキレイになったと思うことはありません…(どんなコーティングを使っても)

 

スパシャンの成分は?

スパシャン 成分

 

今まで成分記載がないのに本物のガラスコーティングではない!と言われてましたが『スパシャン2019』からは記載するようにしたみたいです 笑

ガラスコーティングの成分としては、『メチルポリシロキサン』ですね。

正直分かりません^^;

ただ『シロキサン』という成分はガラスコーティングに含まれている成分ではメジャーなのでその辺の記載をすることで、ガラスコーティングだよと言いたいようです。

コーティング成分としては

  • メチルポリシロキサン(ガラス系の成分)
  • アクリル系樹脂(ポリマー系の成分)

 

上記の成分になります。

テールウォーカー
テールウォーカー
とは言っても大事なのは効果・結果なので成分なんかはどうでも良いと思っている派です 笑

 

スパシャン施工前の下地処理

磨いて半年ぐらい経ったけど洗車傷はほぼ見えず

通常の洗車を行う シャンプーでも水洗いでもOK

基本的なところで、通常の洗車を行います。基本的な砂汚れなどを大まかに除去していくのがポイントになります^^

洗車傷を入れない洗車をするには大量の『シャンプー』『水』を使い洗車しながら、スポンジ面などを細かく濯いであげてクリーンな面で撫でであげるのが大事なポイント♪

汚れが少ないと判断した時は最初からスパシャンを使った洗車でもいいと思います。

テールウォーカー
テールウォーカー
下地処理はやるに越したことはないけど撥水シャンプーでやると思った段階で手を抜くのもあり

ケミカル洗車にて汚れを除去

キレイな場合は、省いても良い工程になります。

酸性ケミカルREBOOTにて、スケール除去(最重要!スケールがないことでコーティングをダイレクトに施工することが可能になります)

 

水道水放置したテストパネル スケール除去

 

スケール除去しても、キレイになっていないと感じた場合は『PM-LIGHT』や『HDクレンズ』を使ってクリーニングすると塗装面がよりキレイになりコーティングも施工しやすくなります^^

 

クリーナー使用

 

これを塗ってキレイに拭き取るだけです^^

シリコンオフは基本的に厳禁です!塗装によっては溶かすこともあるので注意が必要。

 

TWは使いませんが、SPASHANでもキレイにするケミカルの取り扱い商品はありますのでスパシャン製品が良いっ!という方はそちらを試すのも良いですね♪

 

 

スパシャンの使い方・ポイント

希釈

原液を希釈する

本当に使い方は簡単で、原液を入れて水を入れて希釈するだけ♪

メーカーとしてのポイントは

  • 原液が分離しているので、よく振って混ざってからの使用推奨
  • 80〜100倍希釈(1ℓ作るなら10mlで良い)

 

あまり濃くしても効果は変わらず、ムラになるリスクが上がるので適切な量を希釈するのが望ましいですね^^

逆に薄くても効果はあまり変わらないとのレビューもあったりするのでお好みに応じて使っても良いと思います。

 

希釈したら洗車をするように撫でてあげる

希釈中 スポンジにつけて洗車する

 

これをボディに洗車するように塗り込んでいくと

 

シャンプーが弾く

 

塗った直後から撥水してるのが分かると思いますので、そしたら1パネル毎に濯いであげましょう。

 

スパシャン 濯ぎ

 

最終的に拭きあげてあげればOKですね

 

スプレーでの施工もあり

霧吹きなどのスプレーに同じように希釈して、ボディに吹きかけて流すだけでも効果を発揮してくれるようですね。

この方法も非常に楽なので引き出しとして知っておくと、スパシャンをより楽しめるかと^^

 

施工のポイントとしては

  • 希釈する濃度は濃くしない
  • 普通に洗車するように撫でるだけ
  • 塗ったところが撥水しているのを確認する
  • 1パネル毎にすすぐ(ムラ対策)
  • 霧吹きなどのスプレーでボディに吹きつけ、流すだけでも効果あり

 

施工後の撥水とトーンの落ち方

スパシャンの撥水

スパシャン2019撥水状態 動画あり

上記の写真が施工後の撥水状態になります。

当然ですが、普通に撥水して水玉状態になっていますね。疎水だろうが親水だろうが水のかかり方で普通に水玉になります。

親水・疎水・撥水はあくまで大量の水がかかった時に、どういう弾き方をするかの違いでしかありません^^;

撥水に関する詳しい記事は⇨コーティングで撥水は汚れる?親水は綺麗?疎水は良いとこどり?⇨撥水の種類なんてもんはどうでも良い

 

施工直後の撥水状態

 

 

施工1日後の撥水状態

 

 

大体のコーテイングに当てはまりますが、確実に乾燥させた方が良い状態にはなりますね。

 

コンクリの床まで撥水させてくれます 笑

 

コンクリまで撥水

 

いつもなら床に染み込んで水分がなくなるのに、1日経っても乾いていませんでした 笑

テールウォーカー
テールウォーカー
結構迷惑です 笑 

 

TWが液剤を使う基準として、強すぎる成分のケミカルは極力使わないという考えを持っています。

汚れてるコンクリが撥水してる=それだけ良いコーティングと考えますか?

TWはコンクリが撥水してる=それだけ強い成分を使っている=塗装にダメージを入れる可能性ありと考えます。

しかも撥水シャンプー程度の使い方で撥水するという状態を考えると、あまり使いたくないというのが本音^^;

 

 

トーンの落ち方

真ん中にスパシャン 施工

 

真ん中にスパシャンが施工してあります。

これを施工1日後に剥がすとこんな感じ

 

トーンが落ちてるのが分からず

 

施工した部分が分からない…

テストパネルはどうすれば分かりやすく見えるか試行錯誤してる途中なので、他のコーティングにて確認したところ

 

ザイモールではしっかりトーンが落ちてる

 

こちらは施工したところのトーンが落ちているのが分かりますね。

これから推察するとトーンはほぼ落ちないのかな…

ただ全体的には施工してある感はあるので、艶より光沢が出ているような感じ

 

もちろん塗装状態において、コーティングの効果はかなり変わってくるので一概には言えないのですけどね^^

もっと良い効果が出るパネルもあると思います。

自分も効果が一目で分かるようなテストパネルを作成中です…

 

スパシャンの疑問を集めてみた

経験は必須

誇大広告、誇張表現

正直に言います。

SPASHAN製品全般に言えることですが宣伝の仕方が好きじゃありません

今回の製品『スパシャン2019』では撥水を超えた拒水性と謳っていますが、コーティング業界における『親水』『疎水』『撥水』は撥水レベルの違いでしかない。

弱撥水であればあるほど、親水傾向に

強撥水であれば撥水にあります(撥水は少し紛らわしいですね^^;)

そんな中で『撥水を超えた拒水性』は意味が分かりません…

 

動画を見てもらえれば分かりますが、拒水に感じましたか?(何を根拠に拒水?)

 

他にも

『スパシャンを使い続けることで膜厚が増える』

『コーティングしてあるから、少し強めに擦ってもキズは入らない』

『雨は汚れが落ちるから大歓迎』

『9Hだからキズは入らない』(これに関しては他の製品)

 

上記の発言は洗車マニアの人にとっては、まだそんなこと言ってるの?っていうレベルでしかありません。

商品の宣伝の仕方がもっと普通なら製品としては悪いものだと思っていませんし、需要もある面白い商品・宣伝になっていると思います。

 

撥水シャンプー?ガラスコーティング?どっち?

これも胡散臭いと思われる理由の一つだと思っています。

SPASHAN側は撥水剤を混ぜた撥水シャンプーではなく、コーティング剤を混ぜたコーティングだと

でも使い方は撥水シャンプーと同じ要領…

 

結果から言えばTWは撥水シャンプーだと思っています。

理由としては

この業界は少しでも成分が混ざっていれば〇〇配合と謳えますので、製品に効果を与えない微量でも入っていれば〇〇コーティングと謳えます。

塗装状態が悪くても『ガラス』『塗装』『樹脂』どの部分も簡単に撥水する様子は、撥水シャンプーの特徴でしかありません(それが悪いと言っているわけではない)

撥水剤もコーティングの種類の1つだと思っていることから撥水シャンプーと見解^^

テールウォーカー
テールウォーカー
言葉遊びでしかないです 笑

 

個人的な見解で言えば、撥水シャンプーはズボラなユーザーやとりあえずキレイになればいいやという人にとっては非常に良い製品と思っています。

本当のキレイを求めていくと、もの足りなくなる可能性は高いですがメンテナンスさえ理解していれば充分キレイな状態を保てると思います。(一般的なレベル)

下手なガラス系コーティングより、効果を発揮する場合も多々あるかと(メンテナンスを理解していないと悪化するレベルも大きくなります…)

 

中身はモノタロウ?問題

これも怪しくしてしまった要因の1つかと 笑

中身はモノタロウの撥水シャンプーなんでしょ?みたいなのがSNS内で広まりました。

結果、それに同意する人が多かったのも事実ですし

スパシャンの特徴がもろ撥水シャンプーなので仕方がない気はしますね^^;

 

テールウォーカー
テールウォーカー
TW的には以前のモデルは分かりませんが現モデルは流石に違うかな〜とは思います。根拠はありません 笑

 

動画時の不適切な施工状態

個人的にですよ…

高級車を取り扱っていて、そこが開発した製品が売りの1つですよね?

 

であればネックレスや時計などをつけた状態でのデモは疑問を覚えます。

真摯に洗車・コーティングに向かいあっていれば、そのような事はしないと思いますが…

関連している業者もデモをネット上にあげるなら、もっとキレイなスポンジを使おうよ。

作業も雑だし…

せっかくオシャレなスタイルでやっているのに勿体ないと感じます。

 

スパシャンのメリット・デメリットのまとめ

  • 施工性が良い
  • 下地が多少悪くても撥水する
  • 1本あたりの価格は高いが、コストパフォーマンス的には良い
  • これ1本で全て撥水
  • 艶というより光沢が上がる感じ
  • あやふやな情報が多い
  • メンテナンスを理解しないまま、使い続けるとダメージを入れる可能性が高い
  • シミだらけになる可能性あり
  • 非常に手軽な反面全体的に特化してるものが少ない
  • 耐久性は皆無

 

施工後の防汚性・耐久性の経過

スパシャン施工直後は悪くなかったんですが、気になったことがあったので記載しました。

施工後の防汚性・耐久性は汚れの質によって大きく変わるので、あまり基準にならないので主観として軽くは評価つけますが、そんなに参考にしないで欲しいところではあります^^;

 

まず前提として

  • 自分の愛車は塗装状態があまり良くなく、コーティング効果・定着率が悪い
  • 下地はしっかり作ってある
  • 動画で見た通り、施工後は撥水がバッチリ効いている(施工不良ではないと思われる)

 

施工後1週間くらいで雨降ったんで確認しようとしてガレージに入れたんですよ。

そしたら水滴部分が微妙にシミになっている状態(スケールではない)

撥水シャンプー系を使ったことによる成分のシミみたいな感じになっていたんです。ここまでは予想の範疇

しかし一切撥水していない状態になっていたんですよね…

 

TW自身、撥水シャンプーって成分が強いので多少の耐久性はあるイメージだったんですが、状況としては撥水していない…

少しの雨でやられるようなことはないと思う。

 

今回はボンネットのみの施工で、他のボディには違うコート剤が施工されている(そこは撥水問題なし)

少なくとも自分のクルマには合わないと認識。

この状態を見ると弱い塗装には使わない方が無難かなと思っています。

 

テールウォーカー
テールウォーカー
塗装が良いクルマだと何を施工しても良い結果が出やすいので結果は大きく変わります。もし私みたいな症状が出たらその時は『塗装とスパシャンが合わなかった』ぐらいで考えた方がいいかもしれません

スパシャンの評価

可もなく不可もなく
撥水それなりの撥水
防汚性個人的にはイマイチ
肌触りツルツル
耐久性洗車の度に施工した方がいい
施工性施工性は非常に良い
備考コンセプトは面白い

 

こんな人におすすめ!

  • 普段はほとんど洗車しないけど、たまに撥水させたい人
  • それなりのキレイで満足できる人
  • SPASHANのスタンスが好きな人

 

使わない方がいい人

  • メンテナンスを理解しており、コーティングに過度な期待を持っていない人
  • 洗車はしっかり手間暇をかけて行いたい人
  • しっかりとキレイな状態を維持したい人
  • 弱い塗装状態のクルマ

 

商売上手なコーティング スパシャン

商品のパッケージの売り方やワードのチョイスに関しては非常に好感を持っています。

オシャレだし、人によっては所有欲を高めてくれる製品スタイルで面白い^^

日本の洗車業界に少ないオシャレ要素はこれからも追求していって欲しいですね♪

 

しかしビジネスのためとは言え誇張した宣伝文句はいかがなものかと^^;

良く言えば『商売上手』

悪く言えば『コーティングに悪しき所を前面に押し出す商売』

って感じでしょうか?

 

TWとしては現時点でスパシャンが自分のラインナップに絡むことはないですね。

  • スパシャンで満足している人
  • 楽にそこそこキレイにしたい人

 

上記の人にとっては選択肢の1つになると思います^^

ぜひ参考にしてみてください

以上、テールウォーカー@tailwalker020でした。

 

 

ABOUT ME
アバター
テールウォーカー
自称天然ワックス伝道師で洗車、工具マニアです♪ 洗車・コーティングは分かりにくいことが多いので、少しでも分かりやすいように発信中 クルマは『キレイにするのが最高のカスタム』 車好きの人にお得になってもらえるようなブログを目指してます! 最近は検証依頼を受けることがあります。 検証・レビュー依頼、質問などはお問い合わせより気軽にご連絡ください^^